フォルクスワーゲン新型スモールSUV「T-Cross」導入秒読み! VWジャパンがティザーサイト開設。

10月7日、フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、年内に国内発表を予定している新型スモールSUV「T-Cross(ティークロス)」のティザーサイトをオープンした。 また、このサイト開設に合わせて、全国の正規ディーラーでは、新型「T-Cross」の特徴を解説するスペシャルリーフレットの配布を開始している。

日本仕様は1.0L直列3気筒ターボエンジンを搭載。

同日オープンしたティザーサイトでは「T-Cross 最速攻略」と称し、日本導入予定の新型「T-Cross」の特徴が視覚的に分かりやすい構成になっている。

また、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラー(一部店舗を除く)においても、広げるとA1サイズになるポスタータイプのスペシャルリーフレットを配布し、新型「T-Cross」の魅力をさらに詳しく解説。

表面には新型「T-Cross」の特徴がユニークな比喩を使って分かりやすく紹介されており、裏面はフォルクスワーゲンや新型「T-Cross」を全方位的に解説する用語辞典になっている。

新型「T-Cross」の日本仕様は、導入特別仕様「T-Cross TSI 1st(ファースト)」「T-Cross TSI 1st Plus(ファーストプラス)」の 2仕様が導入される予定。パワートレインは1.0L直列3気筒ターボの「1.0TSI」エンジンを採用する。

フォルクスワーゲンの生産モジュール方式「MQB」を採用し、このクラスで最小レベルのコンパクトなボディでありながら、広々とした居住性と荷物をふんだんに詰め込める広大なラゲージスペースを両立した、実用性の高さを実現している。

さらに「MQB」によって、以前は上位セグメントのクルマにしか採用されていなかった数多くのドライバーアシスタンスシステムを多数採用することができ、今年5月にはヨーロッパで実施されている自動車安全テスト「ユーロNCAP」において、小型車セグメントに属する新型「T-Cross」は、すべてのカテゴリーにおいて最高のスコアを獲得。優れた安全性を証明した。

ボディカラーは全部で8種類。ミラーとアルミホイールがアクセントカラーになっている「デザインパッケージ」を採用することで、導入予定の2グレード合計で21種類の内外装の組み合わせのなかから選ぶことができる。

●フォルクスワーゲン新型「T-Cross」ティザーサイト https://sp.volkswagen.co.jp/t-cross/

 

モーターファン ロゴ

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

 

Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル