GO OUT JAMBOREE 2018

富士山の麓、ふもとっぱらキャンプ場にて行われる国内最大級のキャンプイベントとして回を増すごとに盛り上がりを見せる「GO OUT JAMBOREE」。2018年は悪天候に見舞われながらも、会場には3日間延べ2万人以上ものキャンパーたちが集まった。ポンチョやレインジャケットを着たり、あるいはずぶ濡れになりながらもお構いなしで、ライブやアクティビティを楽しむ人がいたりと、印象に残る開催となった。
Photo/Takuma Utoo、Yasuo Sato Text/Yasuo Sato

ウッチーさん(TOYOTA/シエンタ)-GO OUT JAMBOREE 2018-

0 Shares

ライフスタイルに寄り添う、実用的な1台。

オートキャンプだけでなく、カヌーやファットバイク(SURLY)でのキャンプなど、アウトドアアクティビティに積極的なウッチーさんだけに車もそれらしく……と思ってしまうが、彼が選んだのはなんとミニバンのシエンタ。

「以前はパジェロショートに乗っていました。2年ほど前からキャンプを本格的に始めるようになってからは荷物が積みきれないことが多くなって……。日常使いもするし長距離移動もするので燃費の良いハイブリッド、そして都会的なデザイン(現行型)が使いやすいな、と思ってシエンタにしました。車中泊も快適ですしね!」と自分のライフスタイルと照らし合わせて選んだことから大満足の様子だ。

なお、テルッツォのベース&スーリーのカヌーアタッチメントを追加している。

 

0 Shares

その他のGO OUT JAMBOREE 2018

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル