GO OUT JAMBOREE 2017

富士山の麓、ふもとっぱらキャンプ場にて行われる国内最大級のキャンプイベントとして回を増すごとに盛り上がりを見せる「GO OUT JAMBOREE」。2017年は10周年を迎えた本誌とともにパワーアップし、キャンプサイトエリアを3会場に拡張して十人十色のキャンプスタイルに対応。もちろん、アーティストによるライブや参加型コンテンツなど様々なコンテンツが用意され、史上最高の観客動員を達成した。

廣田 さぎり -GO OUT JAMBOREE 2017-

5 Shares

自作テント&タープを彩る、女性らしいハイセンスな小物使いに注目!

廣田さんは大の旅好き! 旅の延長線上にキャンプがあり、全国各地にテントを持って出掛けているという。そんな彼女のキャンプサイトは、ヨーロッパの田舎がモチーフ。

タープやテントはなんと!彼女の手作りで、アラベスク模様が美しいカーテン生地をタープに、厚手の帆布はテントに用い、生地選びはもちろん、二重構造の採用や防水処理がしっかりと施された力作だ。

他にも雑貨屋やインテリアショップで購入した、一見するとアウトドアには不向きなアイテムを上手に取り入れて独特の世界観を構築。トルコランプにLEDを内蔵した灯りや真鍮製のケトル&焚き火缶(?)、アンティークトランク、ブリザードフラワーなど、全体的に無骨な『旅人』のサイトを彷彿とさせながらも、女性ならではの繊細なギアチョイスとレイアウトで絶妙なバランスに仕上がっている。

Photo/Takamasa Sasai  Text/Yasufumi Kurayama(RIDE MEDIA&DESIGN) Edit/Yasuo Sato

SPEC

  • テント:自作
  • タープ:自作
  • チェア:コールマン
  • テーブル:サリュ
  • ランタン:トルコランプ
  • 焚き火台:ノーブランド
  • ジャグ:ノーブランド
  • バーナー:マナスル/マナスル121/SOTO
  • カート:テントファクトリー(カスタム)

5 Shares

その他のcamp

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

PICKUP

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル