あなたの『キャンプの逸品』を教えて!GO OUT CAMP vol.12でリサーチしてきました。Part.03

185 Shares

あなたの『キャンプの逸品』を教えて!GO OUT CAMP vol.12でリサーチしてきました。Part.03

去る10月1日・2日に開催されたGO OUT CAMP vol.12にて、おしゃれキャンパー自慢の“逸品”を教えてもらいました。機能性、デザイン、レア度、D.I.Y.による一点モノ、選ぶ基準は人それぞれ。ここでは十人十色のキャンプなフェイバリットアイテムをご紹介。4回に分けてお届けします。

Photo/Takuma Utoo Text/Yasuo Sato


使い勝手の良いガス用でシステムを統一。プリムスのスイングヒーター。

_MG_3351

おすぎゅん(35歳)

1990年代中頃に販売され、現在は廃版となっているプリムスのスイングヒーター。おすぎゅんさんは、昨年ネットオークションでユーズド品を購入したという。

「バーナーやランタンをガス式で揃えているので、ヒーターもガスで使えるものを探していました。寒い時期もキャンプをしますが、かなり暖かくて重宝しています」とのことで、実際に点けてもらったところ、これがとっても暖かい! スポット的に熱が放出されるので、少し離れた場所にいても体はホカホカに! おすぎゅんさんは、自分用と奥さま用とで2つ用意し、専用の収納ケースを自作するほどの愛用ぶりだ。

ちなみに、このヒーターはヘッドパーツを交換すればライトとしても使用できる、一石二鳥の優れモノ!

_MG_3396
2台がピッタリ入る収納ケースを自作。「これで持ち運びもしやすくなったし、コンパクトに収納できるのでかさばらないのがいいですね」。

_MG_3421

 


サバゲーグッズをキャンプに賢く流用。MAGPUL社のマグプル。

_DSF3454

岩下パパ(33歳)

ミリタリーテイスト全開の岩下ファミリーのテントサイトには、本物の軍用品や自作のギアが並ぶなか、見慣れないシリコン素材のアイテムが……。「これはサバゲーでエアガンのマガジン(弾倉)に取り付けて、素早く交換できるようにするものです」。

キャンプではウォーターボトルなどのキャップに装着し、カラビナを掛けられるフックとして活用しているという。テーブルや棚がボトル類で一杯にならないようにと編み出した流用テクなのだ。岩下パパさんは、このマグプルをナルゲンのボトルに使用している。

「1つ300円くらいで手に入りますし、大きさや色も数種類あるので色々なボトルに使えますよ!」。

_MG_3442

_DSF3448
もう一つの逸品がこちら。エアガンのパーツ(フラッシュハイダー)を使った自作のファイヤーブラスター! タップを切り、ネジ穴を追加するなど手が込んでいる。メカニカルなデザインがワイルドさ満点だ。

_DSF3461

GO OUT CAMP vol.12

GO OUT CAMP vol.12

9月30日から10月2日にかけて静岡県のふもとっぱらで開催されたキャンプイベント。数千人規模を動員するビッグイベントで、富士山を間近に望む会場にはオシャレなキャンパー&テントサイトで溢れかえった。有名アーティストのライブをはじめ50メーカー以上のマーケットブースも目玉のひとつ。

Tags

185 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル