空撮でアウトドア写真が変わる!初心者必見のドローン最新事情。

136 Shares

空撮でアウトドア写真が変わる!初心者必見のドローン最新事情。

テレビのネイチャー番組で見るようなスケールの大きな空撮映像を素人でも気軽に撮影できるドローン。実際にアウトドアで撮影している人を見かけることも増えてきて、そろそろドローンデビューしたいと思っている人も多いのでは?

今回は、気になるドローンの使い方からルール・マナーといった基礎知識、さらに専門家が選ぶおすすめ4機種も紹介。これをきっかけにドローンを始めてみませんか?

ドローンがあればこんな画が撮れる!

ドローンの醍醐味は、なんと言ってもスケールの大きな空撮。自分がちっぽけに見えるほどのスケールで大自然の風景を撮影できる。海、山、川などのフィールドを、いつも自分が見ているのとは違う視点から見ることができるのも魅力だ。

さらに、手持ちのカメラでは撮影できないようなアングルからの撮影も、ドローンならお手の物。カヤックやサップ、クライミングなどのアクティビティも、よりダイナミックに撮影できる。

三脚ナシで気軽に自撮りを楽しんでみたり、砂浜に大きく文字を描いて上空から撮影してみたり、アイデア次第でいろいろな撮影ができる。

ドローンおすすめ機種4選

では、そんな映像を自分で撮ってみたいという夢を叶えるには、どんなドローンを選べばいいのか。ドローン操縦士スクールの講師を務めるほか、ドローンを使った観光PR空撮動画の制作なども行っている株式会社Dron é motion(ドローンエモーション)代表の田口 厚さんに、2万円以下、8万円前後、10万円前後、それ以上、と価格帯別におすすめの最新ドローンをセレクトしてもらった。

01.  最強のトイドローン「Tello」

RyseTech「Tello」 ¥12800

航空法対象外となる200g以下のトイドローンのなかでも、「最強のトイドローン」と言っても過言ではない「テロー」。重さわずか80gにして、ドローンの頭脳とも言えるフライトコントローラーがDJI製、画像処理技術がインテル製で、この価格帯では最高クラスの性能を持つ。

スマホで操作できるので取り出してすぐに遊ぶことができ、室内や風のない屋外での自撮りに向いている。デジタルの手ぶれ補正を備えているので、あまり揺れない映像を撮影できる。

02.  4Kも撮れる入門機「ANAFI」

Parrot「ANAFI」 ¥81629

8万円前後の入門機のなかでおすすめなのが、フランスのメーカー、パロットのドローン「アナフィ」。重さは320gと軽量で、折りたたむと細長い形状になりコンパクト。

4K動画の撮影が可能で、他のドローンにない特徴としてカメラを真上にも向けることができるので、たとえばクライミングシーンなどでダイナミックな映像が撮れる。ゆっくり飛ぶので、初心者にも操作しやすいのがポイント。

03. DJIの高コスパドローン「MAVIC AIR」

DJI「MAVIC AIR」 ¥104000

ドローンのトップメーカーDJIの本格的な技術を割安な価格で搭載した高コスパモデルが「マビックエア」。カメラは4Kで、プロ機にも迫る画質。折りたたむと小さくなるので、持ち運びにも便利。また、障害物を察知するビジュアルセンサーにより安全な飛行が可能。

離着陸から機体操作、カメラシャッターまで手のひらのサインを認識して操縦することもできるので、自撮りにも最適だ。

04.  プロレベルのカメラを装備「MAVIC2 PRO / ZOOM」

DJI「MAVIC2 PRO」 ¥189000

さらに本格的な撮影を目指したい人には、DJIの最新機種「マビック2」がおすすめ。スウェーデンの老舗カメラメーカーであるハッセルブラッドと共同開発したカメラを備えた「マビック2プロ」と、光学2倍ズームレンズを備えた「マビック2ズーム」の2モデルがある。

※すべて2018年9月現在。

今回の先生:田口 厚

今回の先生:田口 厚

株式会社Dron é motion(ドローンエモーション)代表。観光PR空撮動画制作、ドローンの活用をテーマにした講習等の企画・ドローン操縦士スクール講師、ドローン導入支援等も行う。JUIDA認定講師。DJIインストラクター。

12 >
Tags

136 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル