「フジロックで、持ってて良かった」フェスマスターたちの必携アイテム拝見。

164 Shares

「フジロックで、持ってて良かった」フェスマスターたちの必携アイテム拝見。

台風の影響で暴風雨に見舞われ、近年稀にみる過酷さをみせたFUJI ROCK FESTIVAL’18ですが、そんなことはお構いなしと言わんばかりに今年も大盛況のうちに閉幕。GO OUTでおなじみのフェスマスターたちも、例年通り数多く参戦していました。

今回は、そんな達人10名に、FUJI ROCK FESTIVAL’18で大活躍したアイテム&ギアを聞きました。早くも次なるフェスに臨もうという人は必見です!

FUJI ROCK FESTIVAL’18のレポート記事はこちらから!

ファッション性も抜かりない、ハイスペック防水シューズ。

by BEAMS プレス 松下 圭さん

ノンネイティブ×イノヴェイトのランニングシューズ

10年間ビームスに在籍するなかで確かな審美眼を培ってきた松下さんが履いて行ったのは「ROCLITE 286 GTX(¥29160)」。最高品質のグレーヌバックに異素材パーツを組み合わせた、洗練されたデザインが魅力。

「ステージ移動に多くの時間を使うので、自分にとっては足下の装備が一番大事かもしれません。雨に対応できる機能を備えているかは特に重要だし、おまけにファッション性も高ければなおよし!」

松下 圭さん/BEAMS プレス

2008年、ビームスに入社後、様々な店舗でのショップスタッフ経験を経て、メンズカジュアルのプレス担当に。プライベートでは、最近待望の第一子が誕生し子育てに奮闘中。
【FES DATA】
フェス歴:15年/フジロック参加歴:5回目/よく行くフェス:グリーンルーム、頂、スイートラブシャワー

 

暴風雨でも安心安全なエアフレームテント。

by GO OUT プロデューサー 喜多新地

ヘイムプラネットのソロテント

GO OUTイチのフェス好きを豪語する喜多新地が今回使用した「Fistral(¥70200)」は、空気で立ち上がるエアフレームテント。総重量約2.5kgという軽量さに加え、高い耐風性も兼ね備えている。

「暴風雨に見舞われた今年のフジロックでしたが、エアフレームだから強風に煽られてもフレームが折れることがなく、万が一飛ばされても人に怪我をさせてしまう心配がないのは助かりました。おかげで風雨の吹き荒れた夜も音楽とお酒を楽しめました!」

喜多新地(写真右)/GO OUTプロデューサー

GO OUT本誌、GO OUT CAMP、GO OUT Onlineなど、GO OUTに関するプロジェクトのまとめ役兼雑用係。GO OUTの中では最もフェス好き。ファッションだけでなく、食住をも取り込んだ「GO OUTな人生」を企画提供し、1人でもモテるGO OUT的男性を増やせればと奮闘中。
【FES DATA】
フェス歴:23年/フジロック参加歴:12回目/よく行くフェス:GO OUT CAMP

 

悪天候下で頼りになる機能的スカート。

by DEAL発行人 菊池 祟さん(フェスおじさん)

オリジナルの防水巻スカート

フェス歴、なんと30年以上というザ・フェスマスターの菊池さんは、雨が絶対に降らないだろうというときでも、野外フェスに参戦する際には必ず防水巻スカートを持参。以前に作っていたフリーペーパーLjの企画で制作したオリジナルアイテムだそう。

「今回は、雨具のパンツをテントに置きっぱなしでライブに行ってしまったので、土曜の夜の急な暴風雨の際に大活躍しました。レインパンツ代わりとしてはもちろん、雨避けやシートとしてなど、幅広く使えます!」

菊池 祟さん(フェスおじさん)/DEAL発行人

フェス、オーガニック、アウトドアといったカウンターカルチャーを起因とする文化をこよなく愛する編集者。バランス、Lj、88などのフリーペーパーを手がけ、現在はDEALの編集発行人。フェスおじさんの愛称でも親しまれている。
【FES DATA】
フェス歴:30数年/フジロック参加歴:21回目/よく行くフェス:朝霧JAM、橋の下世界音楽祭、三条楽音祭、FRUE、フォレストジャムグランデなど

 

ショーツのポケットにも収納可能なUL系ポンチョ。

by スタイリスト 近藤有倫さん

Photo/Shouta Kikuchi

シートゥーサミットのポンチョ

GO OUTではおなじみのスタイリストである近藤さんがポケットに忍ばせて行ったという「ULTRA SIL NANO PONCHO(¥9504)」は、透湿性抜群の15Dナノウルトラシル採用のため、夏でも快適な着心地。

「スタッフサックに入れればショーツのポケットにも収まってしまうほど軽量でコンパクトなので、いつ雨が降り出すかわからなかった今回はかなり重宝しました。それでいて耐水圧も高くて、このスペックで1万円を切るコスパの良さも魅力!」

近藤有倫さん/スタイリスト

GO OUTをはじめ、さまざまなファッション誌で活躍する人気沸騰中のスタイリスト。古着からアウトドアまで幅広い分野での知識と社交性が武器。現在はあまりの多忙さからアシスタント募集中とのこと。https://tomomichikondo-stylist-jp.tumblr.com/
【FES DATA】
フェス歴:6年/フジロック参加歴:2年連続3回目/よく行くフェス:タイコクラブ

 

多彩なポケットを備える、バッグいらずの収納着。

by COLUMBIA マーケティング 内藤教之さん

コロンビアブラックレーベル×マウンテンリサーチのフィッシングベスト

家族でキャンプに行くことも多いという内藤さんおすすめのコロンビアブラックレーベル×マウンテンリサーチのコラボベストは、下部のポケットをジッパーで着脱でき、ウエストバッグとしても活躍!

「台風接近中ということもあって天気を予測しづらかった今年のフジロックでは、ポンチョをはじめ、さまざまなレインギアをポケットに入れておけるベストはとても重宝しました。手ぶらで楽しめるかどうかが、フェスでは結構重要なポイントだったりします!」

内藤教之さん/COLUMBIA マーケティング

コロンビア、ソレルブランドのマーケティングを担当。二児の父であり、休日はファミリーキャンプを楽しむ。最近は三重、和歌山などの関西エリアのキャンプ場を探索中。
【FES DATA】
フェス歴:9年/フジロック参加歴:7回目/よく行くフェス:ライジングサンロックフェスティバル、ニューアコースティックキャンプ、グリーンルーム

 

次ページで、残りの5アイテムをチェック!

12 >
Tags

164 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル