WAKEと外遊び! 自転車を載せてデイキャンプへGO!!【JAMPACKING to GO OUT!!vol.9】

78 Shares

WAKEと外遊び! 自転車を載せてデイキャンプへGO!!【JAMPACKING to GO OUT!!vol.9】

家族で過ごすオフの日は、サクッとクルマを走らせて自然の中へ。ダイハツ・ウェイクのようにフットワークの軽い愛車があれば、外遊びはもっと身近になる。今回はtempra cycle小林さん一家の休日に同行。家族水入らずのデイキャンプを拝見してきた。

ウェイクの底力のある積載に、外遊び好き家族も大満足。

都内で自転車店のテンプラ サイクルを営み、多忙な毎日を過ごす小林さん。以前は休日に仲間と自転車を積んで、キャンプに出かけることが多かったそうだが、子どもが大きくなってからは、ファミリーキャンプの機会も増えたそう。

そこで変わらず気になるのが、クルマへの荷物の積み込み。自転車が欠かせない小林さんのライフスタイルにおいて、特に重要なポイントだ。「シートを倒すだけで、リアの空間がすべて積載に使えるというのはスゴい。」

「これだけあれば、折り畳みじゃない自転車でも載せられますね。今回はチャイルドシートを取り付け、キャンプギアもひと通り積んできたのですが、まだまだ余裕でした」。

自身もさまざまなプロダクトの制作に携わることもあり、小林さんのキャンプギアへのこだわりについては、いわずもがな。

写真の通り、カテゴリーごとにシステマチックに積載された荷物だが、ウェイクの積載量に加え、随所に設けられた細かな収納スペースにも興味津々の様子だった。

「ラゲージアンダートランクの深さには正直驚きました。ソロキャンプの荷物なら、ほとんどココに収納できちゃう。大きめのクーラーボックスでもすっぽりと入るので、無駄なく荷物をレイアウトできますね。走行中の荷崩れの心配も減りそう」。

さらに、家族とのドライブが増えるとともに、より目を配るようになったというクルマの安全性能についても、ウェイクに乗った小林さんは次のように話す。

「ターボエンジンだから、パワーや加速が全然ちがう。普通車と引けを取らない走りだから、高速や長距離走行で疲れないし、最新の予防安全機能で安心感がある」。

積めて走れて、しっかり安全。フットワークの軽いウェイクだからこそ、家族との外遊びでも大いに活躍。「次はもっと遠くまで、泊まりで遊びに行こうか」そんな家族の楽しい会話を、サイトの横で静かに聞いているようにも感じられた。

次ページでは、ウェイクの便利ポイントをクローズアップ!

 

小林健太さん(左)tempra cycle代表/寿子さん(右)/琴ちゃん(中央)

小林健太さん(左)tempra cycle代表/寿子さん(右)/琴ちゃん(中央)

世田谷区下馬を拠点に、ピストからMTB、シクロまで、サイクルライフを幅広くサポート するテンプラ サイクルの小林さん。クルマ好きとしても知られ、休日には家族3人でドライブなどに出かけることも多いという。まだ アウトドアデビューをして間もない3歳の娘の琴ちゃんも、外遊びを一緒に楽しんでいた。

12 >
Tags

78 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル