JAMPACKING to GO OUT!! vol.4 里山の自然を満喫。自転車を積んでデイキャンプ。

pr

198 Shares

JAMPACKING to GO OUT!! vol.4 里山の自然を満喫。自転車を積んでデイキャンプ。

WAKE_logo

ダイハツ・ウェイクにお気に入りのギアを積み込み、さまざまなアクティビティを楽しむ本企画。今回は、日帰りキャンプ&自転車での里山ライドを満喫すべく、山梨県の北西部にある、知る人ぞ知るプライベートキャンプ場へとクルマを走らせました!!

Photo/Fumihiko Ikemoto Report & Text/Noritatsu Nakazawa Cooperation/Paws Ground


キャンプギア+自転車2台もラクラク。

都内にあるブルーラグ上馬店でキャンプ道具と2台の自転車を積み、いざ出発! 今回の目的地は、山梨県北杜市にあるPAWS GROUND。高速道路を使ってクルマで約2時間という長めの道中だが、カネヤンさんいわく「軽なのに走りも安定していて、ロングドライブでも疲れないのに驚きました」と、ウェイクの元気な走りにご満悦な様子。

_RF_3489

自転車ショップスタッフの贅沢なリラックスタイム。

ブルーラグは、自転車カルチャーの発信ショップとして昨年、10周年を迎えた。“EVERYDAY BIKE”をキャッチフレーズに、スタッフそれぞれが自転車と一緒に、キャンプや釣り、スケートボードなどを楽しみ、積極的に活動中。メカニックとして働くふたりもまた、そんなショップの姿勢を自転車×キャンプで体現する。

_RF_3509

「EVERYDAY BIKEは、当初はこだわりの自転車を日常生活の足として使おう、という提案でした。でも、ピストバイクなどにカゴをつけることが浸透してきた数年前から、自転車に荷物を積んでいろんな場所へ遊びに行く、という方向にシフトしていきました」。普段使いはもとより、遊びのツールでもある東京での自転車ライフ。

実は、ブルーラグのスタッフには、アウトドア派も多数。遠方へと足を延ばす際にはクルマで現地へ向かい、そこを拠点に自転車に乗るといった場面も多いそう。「ロードバイクが好きな人は地方の峠を攻めたり、シクロクロスが好きなら河原を走ったり。ボクらの場合は、好きな場所でキャンプをして、気が向いたら自転車に乗る。そういった意味でクルマは、遊びの幅をひろげてくれます」。

_RF_3605

絶好のロケーションを求めて、ロングドライブの機会も多いというふたり。ちなみに、ウェイクの乗り心地についても「軽自動車なのに走りもしっかりしているので、高速道路を走っていても快適だし、長めに運転していても疲れない。安心してドライブを楽しめました」と語ってくれた。

_RF_3972

キャンプ&里山ライドとも好相性のウェイクを拠点に、まずはコーヒータイム。「車内が高さのある広さだから、昼寝とかガレージ的にも使えるし、停めててもこんなに使い勝手がいいと、どんどん遠出したくなりますね」。

左 カネヤンさん BLUE LUG HATAGAYA メカニック/右 ダンカンさん BLUE LUG KAMIUMA メカニック

左 カネヤンさん BLUE LUG HATAGAYA メカニック/右 ダンカンさん BLUE LUG KAMIUMA メカニック

自転車×キャンプにどっぷりとハマったカネヤンさん。現在、テントなどのアウトドアギアを拡充中。シクロクロスのライダーとして、ショップのチームを率いることもあるというダンカンさんは、ヨーヨープレイヤーという一面もあり、その腕は大会で入賞するほど。

Tags

198 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル