JAMPACKING to GO OUT!! vol.3 北の大地で実践する雪上リアルライフ。【スペシャルムービーあり】

pr

215 Shares

JAMPACKING to GO OUT!! vol.3 北の大地で実践する雪上リアルライフ。【スペシャルムービーあり】

 

ニールハートマン_WAKE_GOOUT_TsutomuNakata_realdata_H6W2225 840

例えるなら、寝られる移動式オフィス。

「家族用のクルマと使い分けているので、このウェイクはボク専用のクルマ。車内には自分のモノしかない。贅沢でしょ(笑)。このなかは完全に“ニールワールド”で、集中する場所。移動式のオフィスみたいな感じかな」。

そう語るニールさんにとって、助手席背面のバックテーブルは仕事用の作業台であり、時には食卓に変身する。

ニールハートマン_WAKE_GOOUT_TsutomuNakata_realdata_H6W2563 840

ニールハートマン_WAKE_GOOUT_TsutomuNakata_realdata_H6W2823 840

撮影ポイントを変え、山道を進み標高が上がると、路面は徐々に雪の積もった過酷なコンディションに。しかし、走り慣れたニールさんにとってはなんのその。目ぼしいポイントに到着すると、車内でストレッチをしつつ、好機が訪れれば装備を身につけ、すぐに撮影開始。

ニールハートマン_WAKE_GOOUT_TsutomuNakata_realdata_H6W2653 840

ニールハートマン_WAKE_GOOUT_TsutomuNakata_realdata_H6W2681 840

「雪山での撮影の場合、基本的には移動と待機の連続です。もちろん外は雪だから、暖かく快適に過ごせる空間は欠かせません」。身長の高いニールさんにとっても、ウェイクでの車中泊は快適とのこと。夜になれば、さすがは『CAR DANCHI』の発起人、お休みスタイルも慣れたものだ。

ニールハートマン_WAKE_GOOUT_TsutomuNakata_realdata_H6W2341 840

ベストな天候は寝て待つ、のがCAR DANCHI流。

ニールハートマン_WAKE_GOOUT_TsutomuNakata_realdata_H6W2177 840

それぞれ大きめサイズの荷物を積載したラゲージ。ウエアはボルコムで、ザ・ノース・フェイスのグローブやDCのブーツをチョイス。天井にはウムラウトのボードが吊るされている。エフストップ・マウンテンシリーズのバックパックには、撮影機材やバックカントリーのギアが満載。


ニールさんのWAKEラゲージアレンジを拝見!!

ニールハートマン_WAKE_GOOUT_TsutomuNakata_realdata_H6W1966 840

レールにアンクルストラップをタイラップでくくりつけた、自作のボード収納スペース。天井のネットにはシュラフやシェルジャケットなどを収納。

ニールハートマン_WAKE_GOOUT_TsutomuNakata_realdata_H6W1961 840

リアラゲージ側面のネットは、雪で濡れたグローブなどを入れておくのに便利。

ニールハートマン_WAKE_GOOUT_TsutomuNakata_realdata_H6W1992 840

ラゲージアンダートランクには、マットや小型の三脚が収められていた。テーブルにもなるボードは、休憩時や着替えの際に小物を置くのに重宝。

ニールハートマン_WAKE_GOOUT_TsutomuNakata_realdata_H6W2119 840

お気に入りブランドのステッカーが随所に。逆サイドにはGoProのホルダーも装備されていた。

ニール・ハートマンさん/写真家、映像作家

ニール・ハートマンさん/写真家、映像作家

サンディエゴ生まれ。’91年に北海 道へ移住。’90年代後半から作家活 動を開始し、現在はカタログや広 告を中心に活躍。代表作に、北海 道を舞台に撮影したスノームービ ー『CAR DANCHI(車団地)』など。シリーズは現在9作目に突入。

Tags

215 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル