ダウンウエアはどうやって洗えばいい?【ダウンウエアの基礎知識#3】

3 Shares

ダウンウエアは洗う? 洗わない? ダウンは洗ってはいけないものと思っている人が多いかもしれないが、それは間違い。むしろ、ダウンは洗わないと品質が下がってしまう。

※【ダウンウエアの基礎知識】他の記事はこちら!
真冬の強い味方“ダウン”、いまさら聞けない暖かさのヒミツ。【ダウンウエアの基礎知識#1】
ダウンウエアの良し悪しは、どう見分ければいい?【ダウンウエアの基礎知識#2】
ダウンに迫る性能も!最新のハイテク化繊とは?【ダウンウエアの基礎知識#4】

皮脂がつくと保温性低下

ダウンを着ていると、体から分泌される皮脂などがダウンに付着。ダウンの綿毛のような部分が束になってしまい、たくさんの空気を蓄えることができなくなって保温性が低下してしまう。正しく洗ってダウンに付着した皮脂をとることで、フワフワのダウンがよみがえる。

ダウンは自宅でも洗える

ダウンは頻繁に洗う必要はないためクリーニングに出すのも手だが、日本を代表するダウンメーカーNANGA(ナンガ)のWEBサイトによれば、自宅の洗濯機でも洗えるという。自宅でのダウンの洗い方はこうだ。

洗濯機での洗い方

まずダウンを洗濯ネットに入れて、洗濯機の毛布洗いコースを選んで洗濯機を回す。脱水モードは使わずに、手で絞って水分を取り、陰干しする。乾いたら両手で叩いてダウンをよくほぐして完了。

毛布洗いコースなどがない場合や心配な場合は、洗濯槽の中で手洗いをするという手もある。

専用の洗剤を使おう

一般の家庭用洗剤を使うとダウンの天然油分を奪って保温性を低下させてしまうので、グランジャーズの「ダウンケア キット」などダウン専用の洗剤を使うのがいい。

Granger’s ダウンケア キット ¥1944

ダウンにしみこんだ皮脂や汗をしっかりと落とし、ロフト(かさ高さ)を回復させることで、ダウン本来の保温力が回復する。また、汚れが気になる場所(襟・袖口・ポケット口・裾など)がある場合は、洗濯する前に水で薄めた洗剤をスポンジにつけて、やさしくたたいておくといい。

次回は最新のハイテク化繊を紹介

次回は、いまや化学繊維の中綿は重くてモコモコするというイメージはもう古い? ダウンに迫る性能のものも出始めている最新のハイテク化繊を紹介する。

Tags

3 Shares

オススメアイテム

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル