住宅購入の極意は「今欲しい形」「資産になる」「一生? 住み替えアリ?」【GO OUTハウジング座談会#4】

103 Shares

家を買うと何か変わるのか? 最後まで付き合える家って?

キャンプ好き3組が集まり家について話をきかせてくれた“GO OUTマイホーム座談会”。これまで3回に渡ってお送りしてきましたが、今回で最終回。当初座談会の予定が、参加者の1人であるマイホーム初心者の小松さんが抱く疑問を解決する相談会のようになっております笑。一戸建て購入の先輩である後藤さんや、不動産業界に働く山下さんからのアドバイスを聞いて小松さんは理想の家を見つけられるのでしょうか? 最後は理想の家を手にした後、生活はどうなるのか? 住んだ後に困ることはないのか? “一戸建て購入”授業の最終回はじまります。

 

座談会参加メンバー

<小松さん(35歳)>キャンプが趣味。彼女との結婚を検討していることから、2、3年後を目標にマイホーム購入を考え始めたが、家を買うということが遠くに感じる持ち家童貞。現在は賃貸マンション。

<後藤さん夫婦(奥さん40歳、旦那さん38歳)>インスタグラムでは多くのフォロワーを抱え、別冊GO OUT CAMP STYLE BOOKにも登場するおしゃれキャンパー夫婦。昨年、中古一戸建てを購入しリノベーションを行ったマイホーム購入経験者の話は参考になる!!

<山下さん(30歳)>キャンプが一番の趣味という山下さん。実は不動産業界で働く、不動産のマイスター。その知識を活かし、今回様々なアドバイスをくれた。現在は理想の土地を探しながら賃貸マンションに仮暮らし中。

一戸建てについて知識ゼロだった小松さん。今回の座談会を通して、一戸建て購入について具体的に考えることができるのか⁈

理想の家は住んでからも変化する

小松さん「家を手にするのに色々と苦労はあれど、好きな空間に住むわけですから絶対楽しいですよね。お話を聞く限り、僕の憧れに限りなく近い家にお住いの後藤さんの生活なんてどんなだろう?って想像しちゃいます」。

後藤さん「確かに、庭でキャンプできたり土間があったりギアの部屋があったり、キャンプありきで家を考えたから、週末も家で過ごす時間が増えましたし、この家を買って本当によかったなって思ってます。ただ住んでみるとどうしても細かい部分が気になるというか……(笑)。『ここのドアノブ、もっと別なのがよかった』とか『この壁の色、こうしたらよかった』とか既に手直ししたい部分がいっぱい(笑)」。

山下さん「家を作るってそうそう経験できないですからね。僕は仕事で経験がある分、例えば『ここにコンセントがあったら導線的に不便だな』とか、ある程度細かい部分もわかりますけど、イチから想像を膨らませて理想の家を完成させるって本当に難しい。僕の家も今は設計図の段階ですが、あーでもない、こーでもないって何度も書き直ししてもらってます。希望はいくらでも出てくるけど、それが本当の意味で“理想の家”に直結するとは限らないし」。

後藤さん「そうなんですよねー。スイッチとか設備の配置ひとつとってもそう。住んでみないとわからない部分が毎日の生活に与える影響って大きくて。『家電を使うキッチンの近くはコンセントが多い方がいい』と思って付けたけど、実際使わないって気づいたのも最近。私たちは中古物件のリノベーションだったけど、予算の都合上、玄関とお風呂以外の間取りは全部前の家のまま。でも最近は旦那さんがギター部屋を作りたいと思っていたり、4.5畳で作った土間が今は手狭になっていたりとか。今さらだけど、間取りを変える方にお金を掛けた方がよかったのかなって思ったりもしますよ」。

小松さん「土地だローンだ助成金だってあれだけ苦労したのに!(vol.1-3参照) ドアノブとか床の素材とか、パーツって自分の理想をつけたらイイ感じに仕上がるもんだと思ってたけど……。それに家の導線なんて普段気にしないから、突然図面で考えろって言われても確かに困るな(苦笑)」

Instagramも人気のキャンパーである後藤さん夫婦。一戸建て購入の経験者で、実際に住んだ感想を根掘り葉掘り教えてもらいました!

手軽に“理想の家”に近づく企画住宅。

山下さん「それに、年月を重ねるとライフスタイルも変化するから、家の理想って変わってしまうんですよね。だから、僕は数年後に趣味が変わっても困らないようにと思い、可変性を持たせる設計にしています。土間にパーテーションを付けたり。それにしても4.5畳で土間を考えてましたが、後藤さんの話を聞いてもっと広くしようかなって思えてきた。また設計図が変わるかも(笑)」。

後藤さん「引越ししたばっかりの時は『こんな玄関近くに広いギアの部屋がある!』って嬉しかったけど、今ではギアがパントリーにまで侵食してるくらい。何事も住んでみないとわからないし、生活していくと理想やベストの形がどんどん変わるから、実は本当に住みたい家って永遠に手に入らないのかも(笑)」。

小松さん「確かにそうですよね。年をとると絶対に今と同じ希望を家に対しては持たないですもんね。それでも最初に全部自分で決めなきゃいけないのは難しいな(苦笑)。今は一戸建てに住むイメージがぼんやりしてるから、本当にどんな家に住みたいのかわからなくなりそう。細かい部分まで具体的な希望とかないし、パーツ1つ1つまで決めるのは絶対に無理」。

山下さん「小松さんみたいに細かい点までこだわりがないなら、注文住宅を買うより、企画住宅を購入した方が失敗も少ないし、早いかもしれないですね。人によりますけど、一戸建ての内装とか間取りとか、考えることが必ず楽しいとは限らないので……。そういった意味では企画住宅の方が手軽。それに、事前に自分が住む家の全体観やテイストのイメージが持てるじゃないですか。後は『この部屋は趣味部屋にして、この広さのリビングならこんな家具を置いて』って考えるだけ。企画住宅とはいえ土地によって色々とパターンを組み替えられたりもするし。趣味の合う企画住宅を探すのは今ならオススメの手かもしれませんね」。

後藤さん「イメージが持てないって本当に大変。私たちも最初は賃貸の一戸建てに住もうか、なんて話もあったくらい。でも土間とか庭とか、妥協できない点が多くて結局購入することになりましたけど」。

不動産業界に務める山下さん。豊富な知識で小松さんに具体的なアドバイスをくれました。山下さん自身も一戸建てを購入予定とのことで、完成が楽しみ!

一戸建てならライフスタイルに合わせた“変化”できる!

小松さん「確かに『家を買うならここはこだわりたい』って思うことはありますね。僕はギアを置く土間とか広い庭はマストかな。後は、自分の趣味部屋が欲しい! でも企画住宅なら自分で設計を考えなくても、すでに企画されているモノで合いそうな家を選べばいいってことですもんね」。

後藤さん「そういった意味ではイイんじゃないですか。もちろん賃貸とか分譲マンションもアリかもしれない。でも、さっき山下さんが言っていた“可変性”を持たせるって、賃貸だとなかなか難しいかも。私たちの場合、今の家に住んでからインテリアが前より好きになったこともあって、最近では6畳のゲストルームをD.I.Y.してるんですよね。今後はウッドデッキも付けたいなって思ってるけど、さすがにウッドデッキは分譲マンションで付けるのって難しいし。キャンプとか、外遊び好きのライフスタイルに合わせて長く住みたいなら、やっぱり一戸建てがいいと思います」。

小松さん「うわーっD.I.Y.はやりたいっス。途中経過とかインスタにアップしたいな(笑)」。

山下さん「後藤さんの言う通り、持ち家だとD.I.Y.も思い切ってできますし、考え方として土地は資産になるので一戸建てを買うのはいいと思いますよ。もし家っていう“箱”を作るのが不安だったら、企画住宅で決めるのがいいでしょうね。さっき話してくれた土間だったり広い庭だったりなど、コレは譲れないって思うものを決めて、後の細かい点は出来上がっているモノで納得すれば、決めることも少ない」。

小松さん「そうですよね。譲れない条件はあるんですけど、ディテールは決めてもらえた方が助かります。ウッドデッキとか、小屋とか、色々とオプションとかまであると助かるんですが」。

後藤さん「そのオプションって小松さんの希望ですよね(笑)。購入すれば自分の好きなように家を変えられるので、そこはホント楽しいですよ! 年をとって、何十年後かに今の家が自分たちの生活と合わなくなったら、売って引っ越しちゃえばいいかなーって気楽に思ってますよ(笑)。内装とか間取りとか、家の理想は常に変わってしまうから、買うタイミングのベストを見つけるのが一番良いと思いますね」。

山下さん「最初の話に戻りますけど、住む場所も家の設計図も“ここを終の住処にするかどうか”で考えた方がいいと思います。僕みたいに一生住める家を考えて郊外の広い土地を選ぶのもひとつの選択肢だし。後藤さんみたいに土地という資産を持って今の生活に合わせた家を選ぶのも選択肢のひとつ。そんなに難しく考えなくても大丈夫ですよ!」。

小松さん「一度家を建てたら一生物ってイメージが強くて“人生の先のこと”まで考えて一戸建てを買わないといけないって思ってたけど、今の理想で買わないといつまでたっても買えないですもんね! 知識もそんなにないし、家のことをそこまで考える余裕がない人って一戸建ては無理かな、とか不安でしたが、企画住宅の話を聞いていたら、自分にはピッタリかなって希望が見えてきました」。

後藤さん「小松さんの趣味やテイストにあった企画住宅が見つかればいいですね」。

山下さん「GO OUTで作ってもらえばイイじゃないですか(笑)!!」。

小松さん「ホントだ。それなら僕悩まずにすぐにローンの計画立てちゃいます(笑)」。

後藤さんの自宅。最近ますます好きになったというインテリア。部屋のあちこちに、キャンプギアを組み合わせながら部屋をスタイリングしているそう。

企画住宅でも一から作るのでも自分次第。今のベストで選べば無問題!

一生住み続けるというイメージが強いマイホーム購入ですが、必ずしも一度買ってしまったら、家の間取りも内装もすべて自分たちで決めて、そこで一生暮らすという訳ではないようです。後藤さんや山下さんのアドバイスのように、“今のライフスタイルに合った”場所とイメージを決めさえすれば、後は自分次第。理想を追い求めて一から作るのか、理想に近い企画住宅を買うのか。家の購入をぼんやりとでも考えている方はまずは難しく考えずに、実際に展示場を見てみたり、相談しにいってみてはいかがでしょうか。

また、座談会の最後に出てきた「GO OUTの家」。実は以前から作れたらいいな、と想像しておりました。そこに住んだ後の生活がもっと楽しくなるような空間ができればすごく素敵だな、とGO OUTは考えています。


前回聞いた先輩の話は、こちらをチェック!

<#1>ボクらが一戸建てを買ったワケ。キャンプ好きの持ち家とは?

<#2>家購入は不安だらけ!? その解消方法は・・・

<#3>間取りやインテリアの計画は家づくりの醍醐味。詳しくない人にも手はある!!

Tags

103 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル