家購入は不安だらけ!? その解消方法は・・・【GO OUTハウジング座談会#2】

3 Shares

いざ一戸建て購入!でも、不安すぎる……!

いつかは手に入れたいマイホーム。そんな“家を買うこと”について話を聞いてみようと、キャンプ&アウトドア好き3組に集まっていただき家の話を聞く座談会を行った第1回。そこでは「アウトドア好きの理想の家」が見えてきたけど、第2回となる今回は“一戸建て購入の色々な不安をどう解消するか”にフォーカス。

「理想像ができても、イザ家を買うとなればローンを組むだろうし、特にお金に関しては不安しかない……」と話すマイホーム童貞の小松さん。

そんな彼と一緒に、一戸建て購入経験のある後藤さん夫婦、現在一戸建て購入に向け話を進めている不動産業界で働く住宅マイスター、山下さんに、不安をどうやって取り除いてきたのか質問!

座談会参加メンバー

<小松さん(35歳)上写真左>キャンプが趣味。彼女との結婚を検討していることから、2、3年後を目標にマイホーム購入を考え始めたが、家を買うということが遠くに感じる持ち家童貞。現在は賃貸マンション。

<後藤さん夫婦(奥さん40歳、旦那さん38歳)上写真右>インスタグラムでは多くのフォロワーを抱え、別冊GO OUT CAMP STYLE BOOKにも登場するおしゃれキャンパー夫婦。昨年、中古一戸建てを購入しリノベーションを行ったマイホーム購入経験者の話は参考になる!!

<山下さん(30歳)上写真左から2番目>キャンプが一番の趣味という山下さん。実は不動産業界で働く、不動産のマイスター。その知識を活かし、今回様々なアドバイスをくれた。現在は理想の土地を探しながら賃貸マンションに仮暮らし中。

後藤さんの家の納戸。これで増えるギアも楽々収納!こんな家に住みたい!

小松さん「後藤さんも山下さんも、キャンプとかアウトドアとか、趣味のために一戸建て購入を決めたんですよね。土間はどのくらいの広さにしようとか、ログハウスっぽいのがいいとか、自分の好きに家を作れるってめっちゃ楽しそうですよね!」

後藤さん「買う前までは確かに楽しかったけど、実際は時間との戦いって感じかなあ。楽しむというより“勉強してる”って感覚が近いかも。家選びについては親のアドバイスが大きかったけど、いざ購入すると決まってからは自分たちで決めないといけないから、『??』が多くて……。ローンはどうしようとか、本当に全額払えるのかとか、実際この家に決めて後悔しないかとか……。当時はいろいろ不安だらけでした(笑)」。

小松さん「なるほど。やっぱり面倒なんですね。僕なんて買う具体的な予定もないのに、ローンを組むときに騙されちゃうんじゃないかって、勝手に心配してますよ(笑)。そんな不安を払拭するには自分で勉強するしかないか……」。

山下さん「一戸建てを買うとなると土地とか建築とか、専門的な知識が多少は必要になってきますからね。でもそういったことは、物件を紹介してくれる不動産屋の担当営業に訪ねたら、ほとんどは教えてもらえますよ」。

昨年、中古の一戸建てを購入しリノベーションしたばかりの後藤さん夫婦。キャンプが趣味になってから、アウトドアを楽しめる広い庭や納戸が欲しくなったとか。

知らないは当然。不安なことは不動産営業マンに聞く!

後藤さん「そうそう。私たちもローンを決める時は、営業さんがいくつも銀行の見積もりをもらってきてくれて、その中から自分たちで比較して、ココって決めたんですよね」。

山下さん「担当営業にとって、いろいろな銀行に話を持って行ってお客さんにベストなローンを提案する、っていうのも大事な仕事のひとつ。だからどの銀行でどんな良い内容のローンを組めるかは、ある意味、担当の力によるところが多いかも」。

後藤さん「そうだったんだ!! あの営業さんは力あったのかな?(笑) あと、お金のことは調べるとけっこう出てきます。私たちは仕事の合間に時間を見つけて購入話を進めてたこともあって、あんまり営業さんに詳しい話を聞くタイミングがなくて。『このお金って本当に妥当なの?』って疑問ができたら、夜はひたすらネット検索。そしたら、一戸建てを建てる時に税金の特例を受けられるとか、リノベーションの一戸建ての場合は控除があるとか、思った以上に税金を軽減させる方法があってびっくり」。

小松さん「そうなんすか! 税金のこととか、そんな待遇があるなんて知らないまま家を買ってたら、思いっきり損しますね。でも、そんなにたくさん特例とか控除とかがあっても把握できないだろうし、必死に調べた割には微々たる金額しか安くならないんじゃないんですか?」

後藤さん「住宅ローン控除という制度があるんだけど、毎年末の住宅ローン残高の1%が所得税の額から控除されるの。しかも10年間適応!あと、ウチみたいにリフォームの物件に適応される種類の控除もあって、実は中古物件をリフォームする方がお得になる場合もあるみたい。例えばエコ住宅に建て替えたりリノベするときにもらえる『住宅ストック支援事業』っていう国からの補助制度とか、住んでる地域の補助金とか。地方自治体によって補助金の種類が変わるんだけど、『リノベーション 控除』って検索ワードを入れると、たくさん出てくる! 調べるのは面倒かもしれないけど、安くなると思うとある意味その情報は宝の山」。

山下さん「それぞれの控除や特例を受けるってなると、決められた条件を満たしている必要はあるんですが、制度を知っているっていうのが大事ですね。スルーしてたらもったいない! とにかくあらゆる疑問や質問、不安は担当営業に聞いてみるだけでもアリ。みんなちゃんと勉強してるから教えてくれますよ。そういえば、ローンって若いうちに組んでいたほうが、年を取らないうちに返済が終わるから将来的な不安も少ない。ウチの会社では『持ち家は早く買え』ってよく言われてます」。

次ページへ続きます。

12 >
Tags

3 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル