見せる収納テクニックで、洋服&小物を整理整頓する。

238 Shares

暖かくなってきたのでそろそろ衣替え。せっかく気に入って買った洋服なら、インテリアの一部として見せるのもアリだ。というわけで、この春から始めたい収納アイデアをご紹介。

Photo/Takamasa Sasai、Daisuke Kitou、Naoki Harada Text&Edit/Ma-turn(RIDE MEDIA&DESIGN)


01.カテゴリーをそろえて見せる。

shuunou4

吹き抜け部分にあたる壁面には、かさばるザック類を吊るしてディスプレイ。デイリーユース、登山用、バックパッキング用というように使い分け。向かって左側の黒いスチールシェルフは、キャンプ用の大型ギアコーナーだ。

02.壁面に掛けて見せる。

shuuno1

天井付近に設置された、見せる収納を意識した棚。木材を縦に張りフレームを付けて、底面をワイヤーで製作。その右はアクセントに90度回転させたデザイン。収納したネルシャツのカラーが挿し色に機能している。

03.ラックに収納して見せる。

shuunou3

ロフトの低めの天井にはポールを取り付けて洋服を掛けるラックにしている。さらにその上に板を取り付け、棚も兼ねているのがおもしろい。

04.オープン棚に入れて見せる。

shuunou2

20個以上のリンゴ箱を重ねて作った棚。右手の衣装ラックはH型の突っ張り棒を使って制作した。バッグ類などのかさばるアイテムは、あえて見せる収納に。

05.ディスプレイして見せる。

shuuno5

壁面に直接ネジを打ち込んで、その上に靴を収納。高さが調節できるようになっており、スケールばかりか、スペース削減にも◎。釣り用のリールや ロープなどを置きアウトドアテイストなコーナーに。

Tags

238 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル