キャンプ上手はキッチン作りがうまい!美しい動線を持つアウトドアキッチンたち。

294 Shares

外遊びに欠かせないおいしいご飯。せっかくなら充実したキッチンギアを揃えて作りたいし、自宅のように広くて使い慣れたキッチンまでいかなくとも、効率よく調理できる環境は欠かせない。そこで、先輩キャンパーが工夫をこらして作っている、使いやすいキッチンを覗いてみた。

 

Photo/Shouta Kikuchi、Takamasa Sasai

 Text&Edit/Shiyori Kawamura(RIDE MEDIA&DESIGN)

 


 

キャンプキッチン3

使い勝手を重視した、高さのあるキッチン。

広島のディコトミックにオーダーした2段シェルフを作業台にして、食材や細かい調理道具はボックスやトートにまとめて収納。見せたくない部分はコーヒーの麻袋で目隠しした。テントのフック部分を上手に使った吊す収納も秀逸。

 

キャンプキッチン1

車を有効活用した、アイデアキッチン。

車の荷台をキッチンスペースにするアイデア。火器類は高さを合わせたラックに配置し、扉を屋根代わりにすれば雨がしのげる。またワックスコーティングが施され雨にも強いプエブコのテントマットを、車のサイドに付けて風除けに。

 

キャンプキッチン5

焚き火スペースも、立派なキッチンに。

焚き火エリアをそのままキッチンに。木材にヒートンをねじ込み、ステンレスの丸棒を通して自作したポールを中心に置き、ユニフレームの焚き火台とウッドスツールをレイアウト。シートゥーサミットのパックタップも吊るして水場も確保され、導線もばっちり。

 

キャンプキッチン2

シンクが完備された、ナチュラルテイストのキッチン。

ステンレスのキッチンテーブルは、調理しやすい高さなにできるので作業台にぴったり。生成りの生地を付け、ごちゃごちゃした小物類を目隠しした。その隣にはロゴスのモバイルシャワーを木箱に取り付けた簡易シンクを自作して設置。どちらも同じ生地を取り入れテイストを揃えている。

 

キャンプキッチン04

収納ボックスをキッチン台に流用した、ロースタイルキッチン。

ギアを収納しするボックスを使ったキッチン。ラックやテーブルを持ってくる必要がないので、荷物を増やすことなくキッチンを作れるのが◎。最近のお気に入りだという尾上製作所の鉄鋳物こんろやツーバーナー、ジャグを横一列に並べ、使いやすさも抜群だ。

Tags

294 Shares

PICKUP

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル