お部屋をおしゃれにカスタマイズする、ペグボードディスプレイを簡単D.I.Y.!(デスク編)

221 Shares

お部屋D.I.Y.の第一歩、ここでは有孔ボード(ペグボード)を使ったD.I.Y.レシピを実践形式でご紹介。引っ掛けて、吊るして、外してまた違うところに取り付ける。 見せる収納にもディスプレイにも活用できるおしゃれな有効ボード収納作りに挑戦してみましょう! 最終回となる今回はデスク周りの収納にチャレンジしました。

Photo / Takamasa Sasai Report & Text / Tsubasa Iwata(RIDE MEDIA&DESIGN) Edit / GO OUT


Before
DSC_6492

こちらがBeforeの状態。机には収納がなく、文房具が作業スペースを狭めてしまっている。仕事を効率的にこなすには広く使える空間が必要。有孔ボードを駆使して機能的なデスクに作り変えよう!

After

DSC_6662

デスク周りの本や、文房具など細かなものをすべて有孔ボードに引っ掛けた。収納スペースのないデスクの場合、それらを収納できるだけでも大助かりだけど、ペン立てなど余分なものを天板に置かなくて済むので広く使えるが利点。どんどんアイデアが湧きそうなデスクに変身した。


やってみよう!

イメージができあがったら下記の材料を用意していざ実践!プロセスごとに有孔ボード壁を作っていく過程を見ていきましょう。

 

■今回使用するもの

有孔ボード(910×1820mm)約1.5枚/40×30角材(1820mm)7本/木ネジ 約20本/有孔ボードフック 20個/L字固定金具 2個/結束バンド/メタルバスケット/ヒモ/塩ビ管 45綱手/棚用の端材(ホームセンターで購入)/クリップ/S字フック 計約¥12000

 

プロセス1

DSC_6490

部屋の隅に配置しているので、L字になるよう取り付けることに。賃貸物件では壁に直接ビスを打てないので5センチほどデスクと壁の間を取れるかを検討してから作業していこう。

 

プロセス2

DSC_6568

好みの高さになるように角材で枠を組んでいく。デスクの幅に合わせて壁に沿って角材を置き、「高さ」になる分の角材を組み合わせるだけの簡単な仕様。カットはもちろんホームセンター。

 

プロセス3

DSC_6572

ひと通り角材で枠を組み立てていく。注意したいのは角材分の幅を入れてカットを依頼しておくこと。仮に、角材の厚みが30ミリであれば両サイド分、60ミリ分長めにボードもカットする。

 

プロセス4

DSC_6574

自分の決めた高さ、デスクの幅に合わせた有孔ボードをビスで 固定していく。デスクより下は有孔ボードを使いづらいので、高さはデスクの天板から計算することで無駄なく仕上がる。

 

プロセス5

DSC_6579

有孔ボードを取り付けたら、既存のデスクを定位置に戻してほぼ完成。万が一サイズが合っていない場合は、この後デスクの天板と壁を固定するので、角材と天板の接点を作っておこう。

 

プロセス6

DSC_6588

よほどの揺れなどがない限り固定せずとも安定はしているが、デスクの天板と有孔ボードの柱部分をL字の金具で固定しておくとより安定感が増す。ここでできればひと手間加えておきたい。


こんなところをひと工夫。ディテール&小ワザ。

DSC_6693
有孔ボードフックをふたつ使い、メタルバスケットをぶら下げた小物入れ。本が数冊入るものを選んでおくと便利。

 

DSC_6676
ホームセンターで売っている塩ビ管の綱手を利用したペン入れ。角度が45度の物を選んで片方をホームセンターでカットしてもらう。その際、端材は他にも利用できるのでとっておく。

 

DSC_6694
電源のタップを引っ張ってきて結束バンドで固定。配線周りを壁面に固定することで見た目もスッキリ。

 

DSC_6668
適当なヒモとクリップを使うことでポストイットなど糊がついていない紙も使うことができる。

 

DSC_6672
塩ビ菅の継手の端材を利用した小物立て。端材に穴を開け、有孔ボードのフックを通す穴を開ける。 写真のようにボンドなどで組み立ててれば完成。

 

DSC_6666
クリップを利用して収納。つまめるものであれば何にでも利用できるテクニックだ。

 

↓↓Part.2 キッチン編はこちらから↓↓

お部屋をおしゃれにカスタマイズする、ペグボードディスプレイを簡単D.I.Y.!(Part.2 キッチン編)

Tags

221 Shares

PICKUP

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜