座り心地は“無重力”!? NASAの理論に基づいた、ラフマの究極的リラックスチェア。

96 Shares

ラフマは1930年にフランスで創業。同社のファニチャーは1954年にアウトドア用の折り畳みチェアからスタートしたのが始まりで、キャンプシーンにおいてはやはりチェアが最もメジャーな存在だろう。

現在は折り畳み傘のように収納できる個性的なマキシポップアップを筆頭に、アーム付きのディレクターズタイプやローチェア、リクライニング式のサンラウンジャーなど様々なスタイルを提案。

そんなラフマのラインナップに超快適なリクライニングチェアが仲間入り!

R CLIP ¥27000

この「R CLIP(アールクリップ)」は、リラックスシリーズのロングセラーであるRSXAをベースに、シートとフレームをつなぐ部分にスナップ式のクリップ(クリップサスペンションシステム)を新採用。

座った時の耐圧分散を促し、腰や背中をしっかりと支えて心地良い安定感を実現する。

折り畳めるので持ち運びもしやすい。その際は専用のキャリーバッグ(¥7344)があると便利。収納時サイズはH97×W68×D16㎝なので車のトランクにもすっぽり収まるぞ。

このリラックスシリーズには、宇宙飛行士の身体的ストレスを軽減する姿勢としてNASA が考案した“ゼログラヴィティ(無重力)”姿勢理論が導入されていて、身体に負荷をかけない設計なのも特徴だ。

耐荷重は140kgなので大柄な人でも安心してくつろげる。写真はオプションのドリンクホルダー兼サイドテーブル(2052円)の使用例。

脱着式のヘッドカバーはクッション性に優れ、背もたれを127度まで無段階で調節できるので好みや状況に応じてベストな姿勢が作り出せる。

メタル風の質感に樹脂加工されたアームレストや変色・退色しにくいフェラーリ社のシート生地など全体的にハイクオリティーな作りで長く愛用できる。

また、シート生地にはカビや紫外線に強いセルジュ・フェラーリ社のバティラインISOを採用し、弾力のあるエストラマー素材でフレームにクリップオン。取り外しも可能だからメンテナンスもしやすい。

フランスのメーカーらしくモダンで洗練されたデザインに機能性も加えられたラフマのチェア。室内用からアウトドアまで、幅広いシーンで活躍しているのも納得です!

カラーは、シトラス、ベゴニア、メンソールの3色展開。


(問)ラフマミレー株式会社  tel:03-6417-0492 http://www.lafuma-furniture.jp/

Tags

96 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル