沖縄でキャンプ! 最少装備でも差がつく、達人たちの逸品&小ワザ集。

163 Shares

GOOUT CAMPとしては初の沖縄開催、2日間延べ3500人以上を動員したGOOUT CAMP RYUKYU

沖縄県内のキャンプ&フェス好きをはじめ、日本各地から、さらには台湾、香港、韓国など海外からも多くの参加者が訪れ、温暖な気候も手伝ってアットホームな雰囲気のなかで開催されました(最下部の写真をご覧ください)。

ここでは、沖縄に駆けつけてくれた人気インスタグラマーを中心に、GOC琉球で特に目立っていたキャンパー数組から、ミニマムキャンプでも差がつく逸品や小ワザをピックアップ!

 


コンパクトなキッチンに、技とこだわりが満載!

■hanauta63さん

ザ・ノース・フェイスのテントVE24にタトンカの2TCタープを合わせた、ライト&ミニマムながら色彩にこだわったキャンプスタイルのhanauta63さん。今回の沖縄遠征では1パッキン配送した以外はハンドキャリーとのこと。

なかでもこだわりなのがココ!

ミニチェアの上にキャベツBOXを載せてシェルフ化したミニマムなキッチンスペース。特に、ビッグサイズの軍モノのはんごうはインパクト抜群。食器やカトラリー類入れとして使用していた。

はんごうのフタは、もっぱら切った野菜などを入れるボウルとして使っているそう。「木の枝などを差せばフライパンにもなるんですよ」

フォールディングチェアに板を合わせてテーブル化し、超コンパクトなダイニングキッチンが完成。コーヒーにもこだわり満載のご様子。

 


軽量&大型のシェルターテントでゆったりキャンプ!

■gotooutcampさん

八角形デザインが特徴的なシェルターテント、ヒルバーグのアルタイを持ち込んでひと際目立っていたgotooutcampさん夫妻は、雨が降っても対応できるように、チェアもテーブルもすべて中に入れられる6人用テントをセレクトしたとか。これでも、普段フェスに行く時よりも装備的には少ないとのこと。

さすがにテント内も広々。チェアやコットは軽量コンパクトなヘリノックスのものを使用。「ヒルバーグのアルタイは、畳むとコンパクトになるし中も広いので、フェスでも重宝しますよ」

なかでも野外フェスやミニマムキャンプにおすすめというGOAL ZEROの新製品、LIGHT HOUSE MICRO。極小かつ強力、しかもモバイルバッテリーでUSB充電ができるというLEDランタン。「インスタ仲間のなかでいま話題のやつです」

ザ・ノース・フェイスのコンテナにテントやコットなどを入れ、シアトルスポーツのソフトクーラー(写真右手の2つ)には食器類や防寒具などを入れて合計2パッキン配送したそう。ソフトクーラーをクッション材として有効活用するのは参考になりますね。

 

GOOUT CAMP RYUKYU

GOOUT CAMP RYUKYU

2017年11月18-19日の2日間、沖縄県 県民の森にて開催され、延べ3500人の参加者が集まったキャンプinフェス。キャンプはもちろん、豪華アーティストのライブ、沖縄ならではのフェス飯が楽しめるFOOD FLEAによるフードエリアなど見どころ満載。温暖な気候のなかユルく南国キャンプが楽しめた。

Tags

163 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル