グレゴリー×アーティスト花井祐介。ロゴまで手描きとウワサのコラボバッグ秘話。

313 Shares

アウトドアとミリタリーの魅力をバランスよく、そしてポップに融合した傑作プロダクトとして話題の、GREGORY(グレゴリー)×アーティストの花井祐介氏のコラボバッグ。その魅力に迫るべく花井祐介さんを直撃!! オリジナルのカモ柄“YH CAMO”に込められた意味や、各ディテールへのこだわりなどを聞いてみました。

プロダクトの紹介記事 『グレゴリーに花井祐介が描くコラボバッグ登場! ミリタリー×アウトドアなカラーに。』


花井祐介(アーティスト) 1978年生まれ。2006 年よりカリフォルニにて作品の展示を開始。バンズやニクソン、ビームスなど様々なブランドやショップへのアートワークを提供している。サーフカルチャーをこよなく愛し、自身もマイペースに波乗りを楽しんでいる。

花井さんは昔からグレゴリーのヘビーユーザー?

まずは今回のプロジェクトの経緯から教えてください。

グレゴリーの担当者の人とは昔から知り合いで、実は3年ほど前から話はあったんですよ。でもなかなかタイミングが合わず、今年になってやっとカタチになった感じです。

グレゴリーはボクが高校生の頃にブームになったこともあって、昔から憧れのブランドだったから、声をかけてもらえたときは嬉しかったですね。

グレゴリーのバッグを使ったことはありますか?

今は新しいシリーズの“デイパックLT”を使わせてもらっています。昔は定番の“デイパック”と“テールメイト”を持っていました。

デイパックは高校生には高価だったから、卒業後にがんばって購入したのを覚えています。タフに使っても壊れないから長く使えたし、重い荷物を入れても疲れないから重宝しましたよ。

 

カモ柄のデザインでは山から海へ向かう人を表現。

(左)デイパック ¥23760/(右)イージーデイ ¥14040 ※全5モデル展開 詳細はこちら(https://www.gregory.jp/blog/154)

オリジナルのカモ柄“YH CAMO”は何かテーマはあるんですか?

最初の打ち合わせの段階で、山と海の両方のイメージを入れたいという話がありましたけど、ボクが昔持っていたグレゴリーのバッグがデザートカモのモデルだったから、そのイメージがベースになっているのもあります。

デザイン的なポイントは、山から海へ向かっている人の姿を表現してみました。あとはなるべくいろんなスタイルに合わせやすいデザインとカラーリングも意識しましたね。

ロゴが手描きなのも象徴的ですよね。

これは光栄でした。正直、ここまでやらせてもらえると思わなかったから驚きましたよ。本当にやっていいの?って(笑)。でも、せっかくなので、さりげない手描き感を出してみました。結果、デザインの雰囲気にもマッチしたかなと思います。

花井祐介(アーティスト)

花井祐介(アーティスト)

1978年生まれ。2006 年よりカリフォルニにて作品の展示を開始。バンズやニクソン、ビームスなど様々なブランドやショップへのアートワークを提供している。サーフカルチャーをこよなく愛し、自身もマイペースに波乗りを楽しんでいる。

12 >
Tags

313 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル