おしゃれで快適な、達人たちの夏フェス参戦スタイル&アイテム #2

64 Shares

いよいよ本格的に幕を開けたフェスシーズン。

キャンプフェスから都市型フェスまで、夏フェスフリークたちの参戦スタイルは、シチュエーションに合わせて様々ですが、それでもみんなに共通するのは、現場でオシャレを楽しみつつ、快適に過ごすための工夫と遊び心を盛り込んでいること。

ここではそんな達人たちの夏フェス参戦スタイルを拝見!

以前に紹介した、夏フェス参戦スタイルは以下をチェック。
【おしゃれで快適な、達人たちの夏フェス参戦スタイル&アイテム #1 】

SUMMER FES. HEADS’ STYLE 02

青木将訓
PULP 417 EDIFICE 店長

渋谷キャストにあるカフェが併設されたセレクトショップ、パルプの店長。「今年はフェスに向けて、 ウレタンコーティングが施されたブルゾンを入手しました。寒暖差にも対応するアウターなので、いろんなシーンで重宝すると思います」。

  • ブルゾン ¥99360 /ストーンアイランド(パルプ)  サンダル ¥9504 /シャカ×417エディフィス(417エディフィス渋谷店) ハット/ニューエラ×417エディフィスパンツ/ジエダ×ディッキーズ ソックス/ウィムジー

【SUMMER FES DATA】
・フェス歴/1年
・今年の参戦予定/FUJI ROCK FESTIVAL、 SUMMER SONIC
・お目当てアーティスト/ケンドリック・ラマー、 マキシマム・ザ・ホルモン、エレファントカシマ シ、ハナレグミ、平井大、ジャック・ジョンソン
・How to enjoy/「ライブはなるべく最前列で楽しみたい」。

 

リラックスアイテムを揃え、大型フェスに初参戦。

ライブハウスは常連だけど、フェスは今年初参戦を予定している青木さん。「とりあえず定番のフジロックとサマーソニックの両方を体験してみたいです。キャンプやBBQは好きなので、その延長でフェスも楽しめればいいですね」。

そんな初フェスに向けて用意したスタイルとアイテムは、様々な気候に対応する装備。「一応アウターは雨にも対応するモデルで、その他は着替えを多めに用意しました。全体的にいつもよりリラックスできる着こなしを意識しています。今年楽しかったら、もう少しギアも揃えて来年はテント泊に挑戦したいです」。

 

青木さんのフェス参戦アイテム。

MODERN MANのTシャツ。

バンドTシャツのようなデザインでケイト・モスの写真がプリントされた1枚。「パリのブランドだけど、遊び心がありますよね。もちろんバンドTのノリで着たいです」。¥16200(パルプ)

 


ENGINEERED GARMENTSのアフリカンショーツ。

「とにかくパンチがあるデザイン。他のアイテムが控えめのデザインなのでこれだけは派手に」。総柄パッチワークはフェスでも抜群のインパクトを誇る。¥36720(417エディフィス渋谷店)

 

 Gramicciのトレッキングパンツ。

グラミチを代表する1本。「ストレッチ入りで歩きやすいし、気軽に洗えるから汚れも気になりません。カラバリも豊富だけど、あえてブラックで」。¥11664( 417エディフィス渋谷店)

BUQUのバッテリー。

遊び心のあるファニーなデザインの携帯バッテリー。「さりげなくフェスらしいアイテム。バッテリーでは珍しく、カラビナでバッグや腰から下げられるのが便利」。¥3996(パルプ)

THE NORTH FACEのトラベルキャニスター。

トラベル系のアイテムながら普段使いにも最適のサイズ感。「フェスではサコッシュ代わりに。軽くて丈夫だし、バックパックに外付けできるのも便利」。¥4104(417エディフィス渋谷店)

 

12 >
Tags

64 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル