おしゃれで快適な、達人たちの夏フェス参戦スタイル&アイテム #1

88 Shares

いよいよ本格的に幕を開けたフェスシーズン。

キャンプフェスから都市型フェスまで、夏フェスフリークたちの参戦スタイルは、シチュエーションに合わせて様々ですが、それでもみんなに共通するのは、現場でオシャレを楽しみつつ、快適に過ごすための工夫と遊び心を盛り込んでいること。

ここではそんな達人たちの夏フェス参戦スタイルを拝見!

SUMMER FES. HEADS’ STYLE 01

長谷川 和孝
BEAMS 原宿 マネージャー

ビームス 原宿のマネージャーとして活躍中。仕事とプライベートの両方で毎年様々なフェスを楽しんでいる。「今年は都市型フェスも気になるので、着こなしもフジロックと都市型フェスの両方に対応するコーデを意識しました」。

  • プルオーバーパーカ ¥16200、 シューズ ¥12960/ともにナイキ ACG ショーツ ¥9724/ビームス キャップ¥7344/サブライム サングラス ¥20520/オークリー(以上すべてビームス 原宿)バックパック/ブラックダイヤモンド

ナイキACGのアイテムを取り入れた’90sコーデ。

毎年フジロックに参戦しているビームスの長谷川さんの今年のフェスコーデは、ナイキACGのプルオーバーパーカとシューズを取り入れた90年代テイスト溢れる着こなし。

「カラーリングやデザインは当時の雰囲気だけど、サイズとシルエットは今の空気感を意識しています。 インナーはフジロック×ビームスのTシャツを着たいですね」。今年はフジロック以外にも、様々な都市型フェスを楽しむ予定。

「キャンプ系のフェスもいいけど、気軽に行ける都市型フェスもいいですよね。もちろんそこでも90年代テイストの着こなしを楽しみたいです」。

 

長谷川さんのフェス参戦アイテム。

FUJI ROCK FESTIVAL’18 × BEAMSのTシャツ。

毎年、旬なアーティストを起用する名物アイテム。会場はもちろん、街でも使えるグラフィックが揃う。「個人的なお気に入りは金安 亮氏がデザインした1枚」。各¥4320(ビームス 原宿)

Coleman × BEAMSのファンチェア。

「軽いから持ち運びも楽。これがあればどこでも気軽に座れます」。この定番コラボも今年で9回目。今季はヴィンテージのバンダナ柄のクレイジーパターンを採用。 ¥4860(ビームス原宿)

 

Salomonのシューズ。

サロモンの人気モデル、XA プロ3Dゴアテックスがアップデート。さらに履き心地がよく、タフに進化中。「グリップ力が高く、アッパーも蒸れにくいからフェス向き」。¥18360(ビームス 原宿)

 

GERRY × BEAMSのバケットハット。

透湿防水素材のブリザテックを採用したハット。「日差しだけでなく雨にも強く、丸めて収納できるのが便利。会場ではポケットに入れて持ち歩くこともあります」。¥5400(ビームス 原宿)

 

ORTLIEBのドライバッグ。

空気抜きのバルブが付いた防水防塵のドライサック。「洗濯物をまとめて収納します。3サイズあり、用途で使い分けできるのも便利」。 12Lサイズ¥3888、7Lサイズ¥ 3564(ビームス 原宿)

 

DRINKTANKSのステンレスボトル。

保冷効果はもちろん、炭酸水もそのまま保存できる優れもの。「ビールがそのまま保存できるのが最高。しかも大容量の1.9L。キャンプにも持参したいですね」。¥17820(ビームス 原宿)

 

GO OUT vol.105では、他にも夏のキャンプ&フェスファッションが満載!

絶賛発売中のGO OUT vol.105では、キャンプ&夏フェスをとことん楽しむためのウエアやギア、スタイルサンプルが盛りだくさん! 他にもこの時期マストなサンダルやレインウエアカタログも収録しています。

続きが気になった人は、下記のリンクのほか、全国の書店やコンビニ、電子書籍でお求めください!

OUTDOOR STYLE GO OUT vol.105 定価¥680

販売サイト

Photo/Sosuke Shimizu
Report & Text/Masatsugu Kuwabara
Text/Tamaki Itakura、GO OUT編集部

 

Tags

88 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル