防水性能は200m潜水。“海保”とG-SHOCKの共鳴が生み落としたタフネスの極致。

219 Shares

カシオ計算機「G-SHOCK」より、過酷な水中でのミッションを支えるダイバーズウォッチ「フロッグマン」の究極形と呼ぶにふさわしい海上保安制度創設70周年記念モデル「GWF-D1000JCG」が発売されようとしています。

そもそも「フロッグマン」とは、ISO規格200m潜水用防水性能を備え、手首の動きを妨げないようデザインされたアシンメトリックなフォルムが特徴の耐衝撃ダイバーズウォッチ。

今回のスペシャルモデルは、海上保安協会全面協力のもと実現。海のスペシャリストたちが味方についていると聞くと、なおさら頼り甲斐がありますね!

フロッグマン GWF-D1000JCG ¥138240

ベースモデルには、圧力センサーにより10cm単位で80mまで水深を測る水深計、温度センサーにより0.1℃単位で水温を測る水温計、磁気センサーにより1度単位で方位が測れる自動水平補正機能付き方位計、といった3つの高精度センサーを「フロッグマン」史上初めて搭載。

のみならず、潜水時間や最大水深などを記録するログメモリー機能まで網羅します。

実は、火災を起こした危険物積載船や荒天下で座礁船に取り残されたひとの救助といった特殊水難に対応する海難救助のスペシャリスト・特殊救難隊の意見を取り入れて開発されたというのだから、それもそのはず。

そしてそのこだわりは、もちろん機能面だけにあらず。

メインカラーには特殊救難隊の潜水服をモチーフに、イエローとブラックを配色。6時側のバンドには、海上保安庁を象徴する「S字章」と「JAPAN COAST GUARD」の文字をあしらうほか、遊環には庁名、裏蓋には庁旗に用いられる羅針盤のイラストを刻印されています。

ダメ押しに、特殊救難隊のロゴマークであるイルカのキャラクターをバックライトに忍ばせれば、唯一無二のスペシャルモデルの完成です。

リリースは、7月6日(金)。

過酷な環境に向き合い続けてきた海上保安庁と「G-SHOCK」、それぞれのタフネスの共鳴というエポックメイキングを体験してください。


(問)カシオ計算機 お客様相談室 tel:03-5334-4869 https://casio.jp

 

Tags

219 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル