ライフスタイルにスキーを据えた「GOLDWIN」という選択肢。

331 Shares

 

ゴールドウィン
DOWN MOUNTAIN COAT¥102600

今季の注目の新ラインとしてスタートしたのは、お馴染みのGOLDWIN(ゴールドウイン)。「あれ? 前からあるのでは?」なんて言葉も聞こえてきそうだが、今季ローンチのれっきとした新ラインなのだ。
ボクたちにとって「ザ・ノース・フェイス」を筆頭に「ヘリーハンセン」や「マックパック」といったアウトドアブランドの日本での展開を取り仕切る会社としてお馴染みのゴールドウィンだが、そもそもが日本のスキーウェアブランドとして1958年にキャリアスタートし、スキーブランドとしてのゴールドウインは50年以上経った現在も継続中なのだ。

ゴールドウィン
INSULATION MOUNTAIN PARKA¥77760

では今回の新ラインはいままでのモノとどう違うのか? それはライフスタイル向けに発信され、「ワードローブとしても着られるスキーウエア」を目指している点だ。もちろんスキーをするときの雪山にもそのまま着ていける機能性を持ちながらである。ただ機能性のある服作りではなく、普段着としても着られる服となると大事なのがデザイン。そこで、アウトドアなライフスタイルを実践する一方、都会的なエッセンスとカジュアルさを持ったブランド「MARKAWARE」のデザイナーとして活躍する、石川俊介氏をデザイナーメンバーに招聘。ここに新生ゴールドウインの全ての準備が整い、今季のローンチに繋がったのだ。

ゴールドウィン
MOUNTAIN JACKET¥57240

気になるそのラインナップは、ゴアテックスを使ったマウンテンパーカやダウンコートなどアウターが中心となる。デザインのディテールに注目してみると気がつくのがその独特のカッティングパターン。ゲレンデにスキーが流れた後に残る模様「シュプール」。この独特な曲線をイメージしたデザインを落し込むなど、機能性、ファッション性、遊び心が備わったウエアとなっているのが特徴だ。クオリティを司るアイテムの製造は全て、富山県の小矢部市の向上で行っており、そのため新ラインのアイテムのタグ裏にはその証として開発工場の緯度が刻印されている。
国内ではザ・ノース・フェイス・スタンダード各店やセレクトショップなどで展開予定。新しいアウターを探している人にも、スキーウエアを探している人にも、それ以外の程よいアウトドアカジュアルウエアを探している人にも、ぜひお勧めしたい。


(問)ゴールドウイン カスタマーサービスセンター tel:0120-307-560 www.goldwin.co.jp/gw/snow/

Tags

331 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル