パーツにカエデの木を使ったスニーカー発見。

77 Shares

世界初、一枚木の“曲げ木”技術を組み込んだ日本ならではのスニーカー

IMG_1583

2016年春夏からスタートしたシューズブランド「hull(ハル)」の2017春夏モデルを展示会にて発見!!

スニーカーではまず見ることがない「木」をパーツの一部として使用した

シンプルで高級感があり、かつ驚きの一足。

カエデの一枚木を曲げる特殊な技術「曲げ木」を重心安定装置であるスタビライザーとして

使用した世界初の機能が盛り込まれたシューズ。登場が待ち遠しい。

価格は¥38500(税別)とのこと。

 

IMG_1580

その他にも同ブランドからはベルクロテープがついたスリッポンも登場予定。

 

こちらの展示会は海外アウトドアブランドも多数扱っているディストリビューターであるバーリオが開催したもので、同社が取り扱う人気バッグブランド「BACH」の新作もチェックしてきた。

中でも気になった2点を紹介。

IMG_1579

COVE ¥7500(税別)

まずはこちら。マチのしっかりあるトートバッグながら簡易的なリュックサックにもなるという優れもの。背面の大きなロゴプリントもナイス。カジュアルなスタイルや女子にもオススメ。

 

IMG_1564

ナップサック ¥6500(税別)

近頃熱いナップサックも登場。ポケットが多数配置されており、自転車やピクニックに便利。背中には薄手のパッドもついており、さすがの仕上がり。

これらはいずれも2017年春夏のアイテムなのでまだお目にかかれないが各ブランドからは今秋冬も新作がリリースされているのでチェックしてほしい。

詳しくはバーリオの公式サイトより。

Tags

77 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル