コダワリの向こう側にたどり着いた、オトナたちのチルアウトスタイル #2

159 Shares

たいていのヒトは、それぞれジブンなりの理由があって10代にファッションに興味を持ち始めて、20代に最高に熱狂して、30代には地に足付いたぶん、とことんコダワリが強くなって……だいたいそんなカンジかと思います。

で、40代になった今はどうなんでしょうか。なんというか、いいカンジでマイペースなヒトが多いように思うの です。ジブンの「好き」に没頭しすぎて、時代と付き合うのを辞めてしまうのではなく、ちゃんとそういう空気も感じながら、ユル~くジブンのペースで楽しんでいる……そう、まさに「チルアウト」なんですよ。

なるほど、コダワリの向こう側って、さらなるコダワリじゃなくて、もっとユルくなる方に向かってたんですね。

今回は、そんなマイペースで「チルアウト」なスタイルにたどり着いた、40代のオトナたち8人のMYスタイルをレポート。


CHILL OUT STYLE #2

Akira Ochiai
落合 輝/F LABOディレクター・45歳

老舗セレクトショップ、フリークスストアに在籍すること20年。現在は新事業、F LABOのディレクターとして活動中。80年代のスケートカルチャーにおいては業界でも屈指の評判。

 

「アメリカの80’sスケートカルチャーが原点です。」

アメリカへの憧れや魅力。ファッションやヴィンテージ、音楽、アート、 モーターサイクル、サーフなどアメリカの持つ様々なカルチャーには常にワクワク・ドキドキする豊かさがあります。その魅力にどっぷりと浸かる人は少なくない。落合さんもそのアメリカへの魅力に浸かった1人。

「僕の場合、スケートカルチャーがアメリカを知るきっかけとなりました。小、中学生の頃、当時は80年代、第二次スケートブームと呼ばれる時代の真っ只中。数々の華麗なトリックを決めるライダーたちへ憧れ、そして彼らの80年代独特なスタイルに興味を持つようになったんです。そこから、アートや音楽などを含めたカルチャーを掘り下げるようになりました。自分はファションよりもカルチャーの方が先だったせいか、一辺倒なスタイルは苦手。スケートカルチャーは僕の原点でありつつも、ヴィンテージやデザイナーズも自分の今の気分で組み合わせるスタイルを大切にしています」。

ヴィンテージをこよなく愛するもデザイナーズブランドやドレスシューズをミックスし、型にハマらないスタイルが落合氏流の着こなし方。嫌みのない大人の余裕が感じられる。

 

落合さんの愛用アイテムを拝見。

 

Battenwear/アノラックパーカ

アウトドア&サーフカルチャー から生まれたバテンウエアのアノラックパーカは定番アイテム としてリリースされている。「着丈も身幅もシルエットも文句の付けどころはありません」。

 

 

JM WESTON/ゴルフ

フランスの最高級紳士靴で知られるウエストン。なかでも昔ながらのUチップデザインが人気のゴルフは最高傑作として語られる。「履きやすさに甘んじてこの靴ばかり履いてしまいます」。

 

CALL ME 917/ロンT/キャップ/スウェット

写真家、モデルとしても活躍するプロスケータ ーAlex Olsonが手掛けるブランド。「キャッチ ーなデザイン性、ポップなカラーなどシンプルなスタイルのハズシに効果的です」。

 

Levi’s/501

ジーンズの王道であるリーバイス501。1960年代頃に作られたビッグEは生地、シルエット、色落ちも別格だ。「ヴィンテージ501のなかでも特に気に入って穿くのはタイプモノです」。

 

Chirstian Hosoi (右)、ROBROSKOPP(中)、GSD(左)

右からクリスチャン・ホソイ、ロブロスコップ、 GSDの80sスケートデッキ。「実際に乗ることはあまりありませんが、部屋のインテリアとしてもサマになる当時のスケートデッキです」。

 

他にも盛りだくさん! 続きは別冊GRAND GO OUTにて!

ここでご紹介したのはほんの一部。絶賛発売中の別冊GRAND GO OUTでは、チルアウトなオトナたちのもっと沢山のスタイル&アイテムを見ることができます。気になった人は、ぜひ全国の書店やコンビニ、電子書籍でお求めください!

別冊GO OUT GRAND GO OUT 定価¥990

 

 

  • Photo/Eiichi Henna
  • Report & Text/Tamaki Itakura
Tags

159 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル