80年代のアメリカで巻き起こったユースカルチャーの代表ブランド「Savannah Luggage Works」が、当時のスタイルそのままに復刻!

49 Shares

名称未設定

1978年にサバナ・ラゲージ・ワークス(以下SLW)が創設して間もない80年代、アメリカではストリートカルチャーを含む、若者を中心 としたユースカルチャーが全盛期となり、そんな中、当時の若者たち の間では両手があき、アクティブに動くことができるバックパックスタイルが流行していた。

Savannah Luggage Works 「Boomer Bag」/前面のフラップポケットがデザイン特徴のSLWが1981年から作り続けている、2本手がついたバックパック。シンプルでラフな印象が魅力です。性別問わず使 える3サイズ展開。2月下旬発売予定。S¥27000、M¥29160、L¥31320
Savannah Luggage Works 「Boomer Bag」/前面のフラップポケットがデザイン特徴のSLWが1981年から作り続けている、2本手がついたバックパック。シンプルでラフな印象が魅力となる。性別問わず使 える3サイズ展開。2月下旬発売予定。S¥27000、M¥29160、L¥31320

このユースカルチャーを支えるべく生み出された SLW のバックパックは、自国のアメリカで生産することをモットーとし、タフで頑丈なコーデュラナイロンを 本体生地に採用し、前面のフラップポケットと肩からおろした時につかむ二本手 のトップハンドルがポイントのシンプルなバックパックだった。当時としては珍しいスクエア型のフォルムやラフな印象が当時の若者に受け入れられ、多くのユースカルチャーを彩った。

そんなSLWのバックパックが、30 年の時を経た今、当時の仕様やデザインはそのままに復刻デビュー。柔軟な感性をもち新たなカルチャーを築き上げていく、まるで80年代のアメリカを彷彿とさせる現代の若者たちに向けた逸品となる。そのタフでシンプルなバックパックは、今もなおラフで洗練されたアメリカンカジュアルを体現し、普遍的な魅力を放つ。


(問)エース tel:03-5843-0606

Tags

49 Shares

PICKUP

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜