チャムスキャンパーたちの、個性あふれるアウトドアなクルマ拝見。

613 Shares

2018年6月29日〜7月1日の期間、ライジングフィールド軽井沢で開催されたチャムスが送るキャンプイベント「CHUMS CAMP 2018」にて、ほかでは見ることのできない様なチャムスらしさ満載のクルマを発見!

参加者たちの遊び心あふれるポップなクルマのほか、チャムス仕様にカスタマイズされたコンセプトカーをスナップしてきました!

小さくても侮るなかれ! 家族で車中泊も可能な旅のベストパートナー。

ダイハツ/ハイゼット
OWNER:森 暁彦さん、実香さん、風美さん、花菜さん

ポップな色使いで明るく楽しげなテントサイトを展開するこちらのファミリーは、キャンピングカー仕様にカスタムされたダイハツ・ハイゼットで参加。

アメリカ西海岸を思わせるマリンブルーのこちらは、山梨のキャンピングカーメーカーMYSTICにて購入したそう。小柄な車体ながら、ルーフに設置されたポップアップテントを展開することで家族4人で寝られるスペースを確保できるというから驚き!

そんなキャンピングカーの利点を活かし「年中、目的地を決めずに家族でアウトドア旅に出かけています」とのこと。

サイドから電源を引くこともできるため、場所を選ばずどこでも快適にキャンプを楽しめるのも魅力的だ。また、サイドオープンテーブルも備えているなど、まるで西海岸のキッチンカーのよう!

 

多彩な装備で、もっと頼れる1台に。

三菱/デリカD:5 アクティブギア
OWNER:片山 圭介さん、美穂さん、七海さん、愛菜さん

チャムスキャンプへの参加は2回目だという片山さんファミリーの愛車は、デリカD:5 アクティブギア。

CHUMS × HONDA Accessのテールゲートタープをあえてサイドにセットしているほか、無造作に貼られたロゴのマグネットなど、チャムスキャンパーらしいアレンジでポップな印象をプラス。

片山さんは年に約20回はキャンプに行くという外遊び好きなだけあり、アメリカ軍に認定されているという塗装を施したルーフキャリアやボンネットのほか、リアラダーや作業灯、オレンジのマッドガードなど、実用性バツグンのアウトドア仕様にカスタム! デリカD:5のタフな雰囲気をさらに引き出していました。

ルーフキャリアの作業灯をつければこの通り。晴れた昼間でも直視できないくらい眩しい、バツグンの明るさ。

 

ハスラーはキャンプでも使い勝手バツグン!

スズキ/ハスラー
OWNER:たーこしさん、ふーみんさん

2017年からキャンプデビューを果たしたというこちらのお二人は、外遊び好きから高い人気を集めるスズキの軽SUV、ハスラー(27年式)を3年前に購入。

約190cmと長身のたーこしさんですが「ハスラーなら車内空間も広く、アウトドアでも使えそう」と、この1台に決めたそう。27年式の新古車なだけあり、新車と見紛うほどキレイでびっくり!

「後部座席を畳めばラゲッジスペースもかなり広がるので、2人で行くオートキャンプならこれで十分です」。また、もともと付いていたというルーフネットも細かいギアの収納に重宝しているそう。

チャムスのロッジ型テント「ブービーツールームコヤテント4」もブルー×ホワイトのハスラーとのカラーバランスがよく、シンプルかつポップなテントサイトに仕上がっていた。

 

次ページでは、チャムスアレンジの特別仕様車を拝見!

 

CHUMS CAMP 2018

CHUMS CAMP 2018

2018年6月29日〜7月1日の期間、ライジングフィールド軽井沢にて開催されたチャムスのキャンプイベント。ミニゲームやワークショップ、バザールなど親子で楽しめる多彩なコンテンツが用意され、会場は終始笑顔に包まれていた。

12 >
Tags

613 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル