新型スズキ・ジムニー 7月発売決定! 外観を原点回帰した新世代オフロードカー。

7670 Shares

新型ジムニーが7月にデビューすることが、スズキからティザー告知(事前紹介のこと)されました。今回、このティザー予告情報をもとに、その概要をお届けします。

新型は660ccエンジン搭載・軽自動車枠のジムニーと「1500cc」の小型自動車枠のジムニー・シエラの2本立てとなります。従来のシエラは1300ccエンジンでしたから、小型車版のほうは排気量が拡大されることになりました。

 

気になるシャシーですが、今回の新型でも頑丈なラダーフレームが継承されています。またエンジン縦置き・FRベースの4WDという機構も引き継がれました。前後3リンク式のリジッドサスという構成もキープされています。

装備面での大きな変化として、ジムニーとして初めて自動ブレーキ(スズキ・デュアルセンサーブレーキサポート)が設定されることになりました。

エンジンについては排気量以外は詳細の告知はありませんが、ジムニーについては、スズキの現在の軽自動車ラインナップに広く搭載されているR06A型が用意されるのではないかと思われます。おそらく設定されるのはターボエンジンだろうと推測されます。

一方でジムニー・シエラ用エンジンのほうは詳細不明です。というのも、たとえばスイフトスポーツは1.4Lターボですし、それより上のクラスとなるSX4 Sクロスは1.6リッターNAであり現在のスズキの国内ラインナップに1.5Lはモデル設定がないからです。

インテリアは大型のスピード&タコメーターがハンドルの奥にセットされたタフな造形のものになっています。センター上部の見やすい位置にナビゲーションをセットできるようになっているのも嬉しいところです。

センターコンソールの下の方にはクロスビーやイグニスでおなじみのターン式のスイッチが配置されているのがわかります。また、ジムニーにもついにフルオートエアコンとキーレスプッシュスタートシステムが上級グレードに採用されるなど、快適装備は一気に進化しました。

トランスミッションは5速マニュアルと4速オートマチックが用意されています。

注目すべきは、先代JB23/43系のモデルライフ途中でスイッチ式へと変更された駆動切り替え(副変速機操作)機構が、フロア配置のレバー式へと戻っている点。この「あえて」のアナログパーツ回帰は、タフな道具感を高めてくれていていい感じです。

 

ジムニーのエクステリアは初代のLJ10や2代目のSJ30系のデザインに回帰した印象があります。

スクエアでごついのですけれども、細部を見るとエッジ部分はうまくRがつけられていて、ただ四角いだけじゃない、ちょっとお洒落な雰囲気が漂っているのも特徴的です。

ジムニーシエラは従来モデル同様に大きなオーバーフェンダーが装着され、幅広タイプのバンパーが採用されているのがわかります。

一方で軽自動車のジムニーもしっかりとしたフェンダーの彫り込みがなされていて、軽自動車の制限されたサイズを感じさせない堂々としたフォルムになっているのが魅力です。

新型ジムニーシリーズはボディカラーも多種多様なものが揃っているようです。中でも「キネティックイエロー」という蛍光色は鮮烈な印象。

果たして7月のいつ、発売開始されるのか、また価格はいくらなのか、については今回発表されていませんが、非常に気になりますね。今後、詳細がわかりしだい、さらにディープな情報をお届けします。

(写真・文/ウナ丼)

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「クリッカー」をチェック!! https://clicccar.com/

Tags

7670 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル