史上最強のランドローバー・ディフェンダー、デビュー! 150台限定!

1331 Shares

ランドローバーは、70周年を記念し、伝統を受け継ぐ「DEFENDER(ディフェンダー)」にV型8気筒ガソリン・エンジンを搭載した、究極モデルとなる「DEFENDER Works V8」を150台限定で発売することを発表した。

この「DEFENDER Works V8」は、エンスージアストなどの間で未だに高い人気を誇る1979年式「Series III Stage 1 V8」や、50周年の時に発表された「DEFENDER 50th Anniversary Edition」などに搭載された初期のハイパワーエンジンへのオマージュモデルだ。

5.0ℓV型8気筒の自然吸気エンジン(ガソリン)を搭載し、最大出力405psと最大トルク515Nmを発揮する(標準仕様の「DEFENDER」は122ps&360Nm)。

トランスミッションは、スポーツモードを備えたZF製8速オートマチック。これに改良型のブレーキとハンドリングキット(スプリング、ダンパー、アンチロールバー)、特別なダイヤモンドターニング加工を施した18インチアロイホイール、265/65 R18のオールテレイン・タイヤを装着する。

エクステリアは、2種類のサテンフィニッシュを含む8色から選択が可能。サントリーニブラックのルーフ、ホイールアーチ、フロントグリルがコントラストになった映えるデザインを採用し、アルミニウム製ドアハンドルや燃料タンクのフィラーキャップのほか、ボンネットの“DEFENDER”レタリングには機械加工が施され、さらにBi-LEDヘッドライトを採用するなどライティング全般も改良されている。

ウィンザーレザーを採用したインテリア。従来型とは異なり豪華な仕立てが魅力。
パフォーマンスに見合うようRECAROのスポーツシートを採用する。

一方、インテリアは、ダッシュボードやドアパネル、ハンドル、RECAROスポーツシートにウィンザーレザーを使い、ランドローバー・クラシック独自のクラシック・インフォテインメント・システムを搭載している。

「DEFENDER Works V8」のラインアップは、ホイールベースを示す90と110から選択が可能で、ランドローバー・クラシックから直接、購入することができる。英国での販売価格はホイールベース90で、150,000ポンド(約2280万円)からとなる。

また、「DEFENDER Works V8」は、ガソリン同様に改良版TDCiディーゼル・エンジンや、ハイパフォーマンスなサスペンション及びブレーキキットなども近日中に選択が可能となる見込みだという。

ジャガー・ランドローバー・クラシックのディレクターを務める、ティム・ハニングは次のようにコメントしている。

「LAND ROVERを初めて公開した時から70年が経過した今、皆様から愛され続けている特徴的なデザインのDEFENDERのさらなる可能性を提示するのに、とても相応しいタイミングです。V8ガソリン・エンジン搭載のDEFENDERを復刻するという話は、まだソリハルでDEFENDERが製造されていた2014年当時からありました。」

「私たちは、パワフルで速いDEFENDERに対する要望があったことも、もちろん理解していました。今回の限定モデルは、コレクターズ・エディションをお買い求めいただくような感度の高いお客様のニーズに応えた、究極のDEFENDERです」と。

伝統を正当に受け継ぐうえ、究極のDEFENDERとしてリリースされた「DEFENDER Works V8」。エンスージアストやディフェンダーファンならずとも気になる1台と言えるだろう。

直接購入することができるとはいえ、すぐに完売となりそうだ(日本市場における輸入販売の予定はない)。

 

モーターファン ロゴ

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!! https://motor-fan.jp/

Tags

1331 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル