三菱・新型エクリプス クロスは、フットワークと乗り心地に富んだ1台だった!

31 Shares

今秋の東京モーターショーにも出展され、大いに注目を集めたという三菱自動車のECLIPSE CROSS(エクリプス クロス)。2018年3月頃の正式発表を前に、年明けくらい(初売り)から予約受注を開始するとしています。

発表よりひと足早く、プロトタイプをクローズドコースで試乗する機会がありました。

エクリプスクロスは、アウトランダーとプラットフォームを共有しながらもボディ剛性の強化やサスペンションチューニングが施され、ハンドリングと乗り心地の両立が図られているそうです。

さらに、ダウンサイジングターボの1.5L直噴ターボや新たにステップアップシフト制御が盛り込まれたCVTなど、パワートレーンの進化もトピックス。

試乗は、大磯プリンスホテルの駐車場をクローズさせ、直線加速やブレーキング、パイロンをクリアするS字、大きく回り込むコーナー(ウェット)で旋回性を試すというもので、比較用としてアウトランダー(ガソリン)とRVRも用意されていました。

公道ではないため限定的な印象にはなりますが、舗装が荒れているところでも予想以上に乗り心地がよく、さらに急加速を試みてもエンジンの回転数と音ばかりが高まって速度(加速感)が付いてこないような、CVTの欠点も先述したステップ変速によりかなり改善されている印象を受けます。

さらに、注目の1.5L直噴エンジンの仕上がりも秀逸で、中・低速域のトルク感はもちろん、ターボラグもあまり感じさせず街中での扱いやすさが想像できます。限られたコースなので高回転をずっと維持することは難しかったですが、これなら高速域も含めて動力性能に不満を抱くことはなさそう。

同車に搭載される電子制御4WDには、左右輪駆動力配分にAYCブレーキ制御を採用し、車両運動統合制御システムの「S-AWC」が搭載されています。

旋回性もエクリプスクロスの美点で、スラロームでは軽快なのに揺り戻しも少なく高い安定性が確認できました。

大きく回り込むウェット路面での旋回性も高く、外に膨らむことなく一定の舵角でクリアできるのにも驚きで、オンロードでの安定性とコーナリングマナーはアウトランダーやRVRよりも明らかに進化しています。

 

(文/塚田勝弘 写真/前田惠介)

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「クリッカー」をチェック!! https://clicccar.com/

Tags

31 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル