スポーツ性を押し出したコンパクトSUV「アウディQ2」が日本上陸!

59 Shares

20170426_037_Audi_Q2_001

ドイツ御三家の一つ、アウディから新型SUV、Q2が新登場。4月26日に行われた新車発表会にて、日本での本格的に受注を開始するとアナウンスされた。従来までのSUVモデルはQ3、Q5、Q7の3種類だったが、これらQシリーズの末弟として位置づけされる。

このQ2の魅力はなんといってもその『コンパクトさ』。全長4191m×全幅1794mm×全高1508mmでCセグメントに分類されるが、アウディのエンジニアによるとBセグメントとして開発されたという。要するにSUVとしてはかなり小型な作りなのだ。国産SUV車と比較すると日産のジュークやマツダのCX-3と同程度。「アウトドアシーンにはまるオシャレな輸入車が欲しいけど、大きいのはちょっと……」なんて敬遠していた人にぜひオススメしたい。

20170426_037_Audi_Q2_1.0_exterior_01

もちろん、小型だからって一切の妥協はない。お馴染みのシングルフレームグリルが主張するシャープなマスクや流線型のボディはスポーティそのもの。内装もホールド性を重視したシートや広めにとった足元、オプションでナビや音楽を簡単に操作できる最新のバーチャルコクピットを採用するなど、コンフォートな作りに仕上がっている。

ラインナップは1.0リッター直列3気筒ターボの「1.0TFSI」と1.4リッター直列3気筒ターボの「1.4 TFSI」の2種で、1.0TFSIはスポーツモデルも追加される。いずれもミッションは7速段Sトロニック(7速AT)で、1.4 TFSIは走行状況に応じて第2・3シリンダーを休止させて燃費向上を図るシリンダーオンデマンド(COD)機能を搭載。

駆動方式はFFのみだが普段使いでは必要十分。ただ、現地モデルにはクワトロ(4WD)が搭載されるらしく、こちらも期待したいところだ。

 

20170426_037_Audi_Q2_1.0_interior_01

ローポジションで、ある程度の横Gにも耐えられる設計のためスポーティな感覚で操れる。メーター類はフルデジタルTFT液晶タイプ(オプション)。天井はやや低めだが、5人でもゆったり乗れる。
ローポジションで、ある程度の横Gにも耐えられる設計のためスポーティな感覚で操れる。メーター類はフルデジタルTFT液晶タイプ(オプション)。天井はやや低めだが、5人でもゆったり乗れる。

 

トランク容量は405Lを確保。ファミリーキャンプでも必要な装備一式は搭載できるはずだ。 また、リヤシートを折り畳めば最大1050Lに。
トランク容量は405Lを確保。ファミリーキャンプでも必要な装備一式は搭載できるはずだ。また、リヤシートを折り畳めば最大1050Lに。

 

サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リヤにトーションビームを採用。 電動パワステは、操舵量に応じてギヤレシオが変わる「プログレッシブステアリング」を搭載する。
サスペンションはフロントがマクファーソンストラット、リヤにトーションビームを採用。電動パワステは、操舵量に応じてギヤレシオが変わる「プログレッシブステアリング」を搭載する。

 

現行のA1に搭載される1.0TFSIエンジンは116ps、A3と同型の1.4 TFSIは150psを発揮。また、Q2の日本発売を記念したQ2 1st editionが280台限定で販売。セーフティシステムやアンビエントライティングなどを装備したハイグレードモデルだ。
現行のA1に搭載される1.0TFSIエンジンは116ps、A3と同型の1.4 TFSIは150psを発揮。また、Q2の日本発売を記念したQ2 1st editionが280台限定で販売。セーフティシステムやアンビエントライティングなどを装備したハイグレードモデルだ。

車両本体価格:

Q2 1.0 TFSI:299万円

Q2 1.0 TFSI sport:364万円

Q2 1.4 TFSI cylinder on demand sport:405万円


(問)AudiIコミュニケーションセンター tel:0120-598106  http://www.audi.co.jp/

Tags

59 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル