BESSの家とコラボした、新キャンプスタイル “キャビング” とは。

187 Shares

今年で開設15周年を迎えた三重県の青川峡キャンピングパークに、テントでもコテージでもグランピングでもない、新しいキャンプスタイルの施設が登場。

その名も「CABIN’G(キャビング)」。セルフビルド式で話題となったBESSの「IMAGO(イマーゴ)」を使用し、遊び心と自然との一体化をイメージする空間として誕生しました。

開放的なオープンデッキを中心としたキャビンは「遊ぶ、食す、癒す」の3つのテーマから選択可能。キャビンにはそれぞれのテーマに沿ったアイテムや設備が充実していて、外で楽しむ開放感と、家で過ごすまったり感のいいとこ取りな時間を楽しめます。

「遊」をテーマにしたキャビンではミニ卓球台や木目が可愛いオセロをプレイ。
「食」のキャビンにはIHコンロとBBQガスコンロを備えた本格的なキッチンが。
ハンモックに揺られのんびり過ごせる「癒」のキャビン。

全てのテーマ共通で、トイレやエアコンなどの設備が整っていて、まるで小さなBESSの家で生活しているよう。小さな子どもがいるファミリーでも、安心して楽しめそうです。

予約や詳細は、青川峡キャンピングパークの公式サイトをチェック!

■青川峡キャンピングパーク CABIN’G

  • 場所:三重県いなべ市北勢町新町614
  • 料金:15,000円 / バリューシーズン
  •    18,000円 / レギュラーシーズン     
  •    21,000円 / ハイシーズン
  •    ※オープン記念価格
  •    ※別途人数分の施設利用料 1,000円 / 大人 500円 / 子ども
  • 定員:最大5名 / 車両1台まで

(問)青川峡キャンピングパーク tel:0594-72-8300 http://www.aogawa.jp/

 

 

Tags

187 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル